Picks
34フォロー
35フォロワー
米、北京五輪「外交的ボイコット」発表 新疆での人権問題理由に
毎日新聞
田中 和磨早稲田大学卒業
開催国の人権問題を理由にオリンピックを国がボイコットすることに対しては、僕は見識が浅いため、その是非は判断がつきません。 一方、人権侵害そのものは絶対に認められるものではありません。そして、それに対して他国が強く意見を表明することは、人権侵害を受ける人にとって、また人類の未来にとっても大切なことだと思います。 しかし、以下の言葉にはいささか違和感を覚えてしまいました。 > 「バイデン大統領は(中国の)習(近平)国家主席に『人権のために立ち上がるのは米国人のDNAだ』と伝えた。 いくら比喩とは言え、DNAという言葉が英語でどれだけ頻繁に、特にアメリカでどのような比喩として使われているかは存じ上げませんが、DNAはそもそも生物学的な言葉であり、そこの違いを強調してしまうことは、(習国家主席にたいしてそう述べているとはいえ)中国とアメリカの分断をセンシティブな形で煽るもののように聞こえてしまいました。 特にそこで暮らす人々の人種が異なる2国間において、(人種差別的な意図がないにせよ)アメリカ合衆国大統領には使っていただきたくない表現でした。 今回のボイコット騒動の超局所的な指摘になってしまいましたが、、
373Picks
東京五輪 「全会場無観客」案が政府内に浮上 8日にも判断
毎日新聞
田中 和磨早稲田大学卒業
党幹部が >科学的には一部無観客で良かったが、もはや政治的に持たない と発言しているが、科学的に考えれば、感染拡大を抑えるのには完全無観客が良いことはあらゆる専門家が試算で出している。もちろん、感染状況と医療体制の状況は別で考える必要があるが、確実に感染拡大を抑えることが現在の日本の医療体制で見れば最も重要。 経済の観点でも、シンクタンクが出した第1回、2回の緊急事態宣言の経済損失6兆円という数字を見れば、賢いやり方でいかに感染拡大を抑えるかが重要。 それらを踏まえると、有観客にすることは、医療体制でも経済でもない別なファクターが動機となることになる。そしてそれは、政治的にも認められない。優先すべきではないことを優先していることになる。 【追記】 「他のイベントは有観客なのに」という発言がよく聞かれるが、オリンピックかそうでないかで会場数は完全に異なる。オリンピックはオリンピックで、妥当な比較基準を設けて判断しなければならない。もちろん、元々の観客上限がオリンピックの会場数も念頭に入れた上での数値なら話は別だが、それに応じたものではない。また、「他国は日本より感染者がいてもスポーツイベント観客入れてやっている」という意見もあるが、これも、最も重要である死者を出さないための医療体制という観点で見る必要がある。日本においてそこのリスクが大きいのであれば、他国など関係ない。それこそ非科学な考え方。
262Picks
NORMAL