新着Pick

政治・経済

野党はなぜ弱いのか?
M. Ogata
Jet-black angels
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NHK政治マガジン
27Picks
「18歳成人」賛成42%反対56%…読売世論調査
門部 悟司
金融機関 営業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
読売新聞
63Picks
林芳正文科相 公用車で白昼“セクシー個室”ヨガ通い
清嶋 直樹
tech系 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
文春オンライン
311Picks
米仏、新たなイラン核合意を推進へ 両大統領が表明
塩崎 悠輝
International Islamic University Malaysia 助教授
オバマ政権の時、2013年のイランとの核合意は、米英仏露中独の6カ国とイランの間の合意であり、修正するのであれば、6カ国の間で調整したうえで、イランと新たに合意するべきものです。当然、フランスも絡みます。米国が脱退する場合は、米国単独で脱退ということも十分ありえますが、その場合は、イランもまた合意を破棄するとイランの外相が声明を出しました。継続、修正、破棄、いずれにしても、トランプ政権による差し迫った決定であると見られていて、今後1か月程度で起こる変化であると見られています。  トランプ政権が問題にしているのは、2013年の核合意が、イランが核開発(もともと、イランは発電のためであると主張していて、核兵器の開発ではないと主張しています)を縮小する合意に過ぎず、合意の後もイランが中東各地で介入を拡大してきたことです。実際、2013年以降も、イランはシリア、イラクに軍人を送り、レバノンやイエメンの武装勢力に支援を続け、これらの国で決定的に大きな影響を行使してきました。米国の同盟国、イスラエルとサウディアラビアもまた、イランの介入を抑止できなかった核合意は破棄されてしかるべき、という立場です。  トランプ政権としてはイランによる介入を抑止する仕組みにするべき、という主張ですが、そのような修正は、6カ国内でも困難だし、イランも合意しないでしょう。マクロン大統領に、そのような仕組みを実現する新合意の案があるのかは疑問で、実際具体的なことは示していません。
AFP
45Picks
新着ニュース
政府、デザートの竹島記載に抗議 南北首脳会談で提供予定
共同通信
大手企業の賃上げ2.54%
共同通信
元読売記者、わいせつ有罪 「背後から襲い、卑劣」
共同通信
メキシコ議会上院、米国抜きの新TPPを承認
Reuters
中国、台湾独立派が活動続けるなら一段の措置で対応へ=当局者
Reuters
来月中旬にも米韓首脳会談=「米朝」前に政策調整
時事通信社
イラン、NPT脱退を警告=米の核合意離脱けん制
時事通信社
イスラエル国防相が訪米=イラン核問題めぐり協議へ
時事通信社
イラン「新合意」へ協議提案=弾道ミサイル抑制目指す-米仏首脳会談でマクロン氏
時事通信社
政治から読み解く【経済と日本株】有田氏:トランプ大統領は対話路線に舵を切りました
財経新聞
テロ対策で官民連携強化 東京五輪に向け推進会議
ホウドウキョク
米退役軍人長官候補の指名公聴会延期、「指名は辞退せず」
Reuters
NAFTA再交渉、早期に妥結の可能性=トランプ米大統領
Reuters
韓国大統領、5月中旬に訪米 米朝首脳会談へ意見交換
朝日新聞デジタル
「ヴェトモン」ブーム終了報道のウェブメディア「ハイスノバイエティ」が日本上陸
WWD JAPAN.com
キッズウィーク、都道府県の6割が導入または導入検討
リセマム
生活困窮者の支援法案が可決 衆院厚労委、野党は欠席
朝日新聞デジタル
インドネシア中銀、企業に規定上回る為替ヘッジ要請 ルピア安で
Reuters