Picks
623フォロー
367フォロワー
セブン-イレブンの新業態「SIPストア」公開 生鮮・冷凍食品はスーパー並み?背景に「調理定年」の増加、共働き世代の「タイパ」
TBS NEWS DIG
石光 悠真News Picks curation Team intern 学生
セブン-イレブンが展開する「SIPストア」は、生鮮や冷凍食品をスーパーマーケット並みに提供する新業態で、料理から一歩退いた人々や多忙な共働き世帯の生活を豊かにすることを目指す。 この取り組みは、世界中の小売業界で見られるトレンドに沿ったものであり、顧客の変わりゆく生活様式やニーズに合わせ、より幅広い商品の提供と利便性の向上を追求。 SIPストアは、まさに現代消費者の要望に応えるための革新的なステップとして位置づけられますね。 ざっくりだが、似たビジネスモデルとして挙げられるのは、以下のような事例だろうか。 ▶︎「Amazon Fresh」「Amazon Go」 Amazonが展開するこれらの店舗は、生鮮食品から日用品まで幅広い商品を提供し、特にAmazon Goはレジなしでのショッピング体験を実現。 これらは技術を活用して顧客の利便性を高める点ではSIPストアと共通しています。 ▶︎ 「ミールキットサービス」 Blue ApronやHelloFreshなど、事前に分量を計った食材とレシピを提供するサービスも、忙しい現代人のニーズに応えるビジネスモデル。 これらは「調理定年」や時間がない人々に向けた解決策を提供しています。 ▶︎ 「コンビニエンスストアの進化形」 日本の他のコンビニチェーンも、生鮮食品や健康志向の商品を取り扱うなど、商品ラインナップを拡張。 例えば、ファミリーマートは「ファミマ!!」ブランドで、地域に合わせた品揃えを強化しています。 ▶︎ 「小売業の新業態」 伊藤忠商事とファミリーマートが展開する「グリーンズ」という新業態は、生鮮食品やオーガニック商品に特化しており、健康志向の高い消費者をターゲットにしています。
335Picks
惰性で運転免許を取る若者たち
GenZのたまり場
石光 悠真News Picks curation Team intern 学生
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
11Picks
東証が史上最高値3万9098円 34年ぶり、バブル期超え
共同通信
石光 悠真News Picks curation Team intern 学生
伸びが凄いなー! ▼最近の凄く好きな出来事▼ ゴールドマン・サックス証券が2月18日、日本の株式市場をけん引する7銘柄を「七人の侍」と名づけて発表。 「七人の侍」のうち4銘柄は、半導体製造装置メーカー であり「SCREENホールディングス」「アドバンテスト」「ディスコ」「東京エレクトロン」。 その他は「トヨタ自動車」「SUBARU」「三菱商事」。 映画『七人の侍』が不屈の精神と団結力で村を守る物語であるように、これらの企業も日本経済を支え、世界市場で競争するための「守り神」的な存在だろうか。 特に、半導体製造装置を手掛ける4銘柄が選ばれている点は、現代社会で半導体の重要性が高まっていることを反映し、これらの企業が日本の技術力の象徴となっていることを示す。自動車産業と商社がリストに含まれているのも、多様な産業が日本経済の柱であることを物語っているのではないでしょうか。 七人の侍」と呼ぶ7銘柄を選出したのは、非常に興味深い試みで、この「七人の侍」が今後どのように市場をリードし、新たな挑戦にどう立ち向かっていくのか、目が離せません。 【エヌビディア好決算 売上高・純利益ともに過去最高 「史上最高値」迫る日経平均に影響も】 https://news.ntv.co.jp/category/international/591cf73fadfd42d8831ce347729bc513
284Picks
NORMAL