Picks
6フォロー
143フォロワー
iOS 15の知られざる新機能15選
ライフハッカー[日本版]
五十嵐 めぐみBodyVoice 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
593Picks
筋トレをサボりたいと思ったら、自分に問いかけてほしい10の質問
ライフハッカー[日本版]
五十嵐 めぐみBodyVoice 代表
私はよく生理前はダルくて筋トレをサボりたいと思います笑。 サボらないのはもはやご飯食べるのと同じレベルに脳に染み付いているから、ですが、こうなるまでになったのは 「サボって途中でやめると、また1からやらなければならないから損する」 と知ってからですかね。 サボると筋肉が減ってリバウンドして太り、体力が減って疲れやすくなる。 そこからまたカムバックする辛さの方が、続けることより勝ると知ったので、さぼりません。 (サボるデメリット>続けるデメリット) やる気のない時は、とても軽い重さで体がほぐれようにトレーニングし、終わった後に「楽になった」と思えるようにしてます。 「やる気がないのに同じメニューをこなさなければならない」 と思わず、「やる気がない時の超レベル低いこれならできるメニュー」を作っておくことがポイントだと思います。 なんならスクワット一回やればOKとかでもいいと思います。「続けた」と脳に認識させることは大切だからです。 パーソナルトレーニングの生徒様たちは、サボらないために、トレーニングした後、必ず次の予約をして帰ります。 当日めんどくさい、体調あまり良くない、と思っても、相当ひどくなければほぼ100%来ます。 やりたくない時の気持ちはわかるので、軽い体操から入り、調子を聞きながら、徐々に動きを加えて行きますが、だいたい最後にはいつものようにメニューをこなして「体が楽になった」「楽しかった」と言って帰られますね。 これを繰り返すと「だるくても、やる気なくても、やっちゃえばできる、しかも運動すると体が楽になる」と脳に刷り込まれるので、またサボらず続けるようになります。 ただ、いずれにしても、前提条件は【運動が気持ちがいいものである】と認識してるかどうかだと思います。 そこが運動指導者の腕の見せどころでもありますが。
163Picks
NORMAL