Picks
65フォロー
273フォロワー
「このままでは国家財政破綻」論は1%だけ間違いだ
東洋経済オンライン
Sakaguchi Masakiyoワイズプラント株式会社 代表取締役
政府債務はアメリカでも増えています。悪いところを比べても仕方ないですが、財務省にとって都合の良い部分(アメリカはテーパリングに向かってる)だけ取り上げるのはバランスが悪いかと。その意味では日本は政府債務は増えてますが資産も増えてる(と言われている)ので、テーパリングの前にまずは各省庁とも資産整理でしょう。自分たちは傷つかないのに国民に傷をなすりつけるのか?と批判されかねません。あと、『成長がない』としているのに『分配は借金を増やすだけ』という批判だと、代替案がありません。アメリカに習って早々に手仕舞い(テーパリングまたは増税)しろと言ってるように聞こえますが、それで経済開腹できるでしょうか?あと、日本はさざ波だったのに財政出動が大きすぎるというのは間違いです。感染者数、死亡者数とも先進国最少レベルですか、緊急事態宣言期間の長さは先進国随一。なので、経済的ダメージは最も大きいグループです。ここでは経済の話と感染被害の話は切り離して考えるべき。苦しい人たちをすべて見殺しにしろということではないと思いますので、小幡准教授なりの代替案を伺いたいです。
136Picks
NORMAL