Picks
1088フォロー
1639フォロワー
プーチン氏、停戦交渉の用意 キエフ包囲で圧力
日本経済新聞
Kazuhisa Kitamura株式会社As usual,株式会社Unususl.出張指圧処 慧仁堂 代表お茶汲み係
もう既に最悪の事態に至ったと考えるべきなんでしょうが…ちょっと理不尽過ぎるとしか思えません。すみません、以下長文駄文です。 1)NATO加盟を望んでいたウクライナを 2)欧米諸国は加盟を認めず事態を引き延ばし 3)いざ侵略されたら「NATO加盟国ではないから」と実質的に支援を拒み見殺しに NATO加盟は主権国家が選択できる権利、という前提はどこへ行ったのか…もちろん、ウクライナやフィンランド等は地政学的な観点から緩衝地帯として残ってもらいたい、という各国の現実的な思惑は理解できます。 ただ、「その地に存在した事を恨むしかない」というようなその論理には血も涙もなく、またNATOのような存在を最も必要とする者には手は差し伸べられない、という、さも当然ながら、その存在意義の為には抗うべきジレンマを前にして、余りにも無力なまでに巨大な圧力に押し潰される現実。 結局、NATOは開かれたものでは無かったし、また欧州諸国はもとよりアメリカも自らの利害の為に、日頃叫んでいるイデオロギーを平気で捨てる、という事が証明されただけ。 正直、ウクライナが置かれた余りにも難しい立場で、西側の庇護に入ろうとする事自体が無謀だったのは確かだと思いますが、それにしても…言葉になりません。 そして、今回アメリカが余りにも弱腰過ぎたことは、後に振り返って歴史の大きな転換点になると感じます。 残念ですが、中国やロシアの圧力はどんどん強まるだろうし、はっきりと言葉にすれば民主主義の敗北、という厳しい現実も見えつつあるのかもしれません。 こと純粋な強さを求めるなら、民主主義よりも独裁の方が格段に速くて近道ですからね…。 平和的(だが平和ボケとも思えるよう)な価値観が浸透しながらも、今回のような有事には「派兵は反対」と言うようなダブスタが横行する程度が、民主主義の限界なのかなとも感じるし、残念ながらそれでは太刀打ち出来ない状況が目の前に迫ってるんじゃないか、と強く実感します。 今回の出来事は悲しすぎますが、それでも目を開けて直視するしかないですよね。 口にしたくはないですが台湾…正直、沖縄を除く日本はあってもまだ先でしょうが、数十年スパンで見れば安全とは言えないのが実際のところじゃないでしょうか。
377Picks
NORMAL