新着Pick
トヨタ自動車、初の米電池工場建設へ-2030年までに3900億円投資
Bloomberg
チェン ルネNewsPicks Inc.
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
13Picks
【斎藤幸平】なぜ今、Z世代は「左傾化」しているのか
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
大学生たちとの地域事業を10年ぐらい続けていますが、世代的なことで感じているのは、 若い世代ほど「ゆるやかな繋がり」という名の刹那的な関係性が優位で、団結は苦手という点です。 強制的な関係性を苦手としますし、〇〇ハラスメントという言葉が全てについてきます。 団結は強制力を伴いますからリーダーの言うことには基本的には逆らえない。自民党が強いのはそうした地域の長老など「街の執行部」と言える人たちと時間をかけて信頼関係を築いてきているからです。 団結を促すリーダーは責任を果たすためにそれなりのリターンとして地域への利益誘導にも尽力します。 変な意味だけではなく、公的な助成金獲得とか施設、企業誘致、まちのブランディングなどいろんな意味での地域経営です。 つまり利益誘導して一定の分配をできる人がリーダーになる。 これは小さなコミュニティとしてはとても強いですし、実際に地域の文化や治安、防災の担い手になっています。 それに対して、「緩やかな繋がり」は調子のいいときだけ集まって、イベントが終われば解散してその後に繋がりません。 家入一真さんのインターネッ党やシールズ、三宅洋平さんの選挙フェス!は次の何かにつながったというよりも、刹那的に集まることの無力感をより決定づけたように思います。 地域には思想的な右も左もなく、長く確実な活動を続けられる小さなリーダーたちが祭も、治安も、経済も担っているというのが現状です。 金は大事ですが、税金をたくさんとって公的福祉が充実すればそれでいいという話でもありません。 ブームに乗って調子のいいことを言う人は長続きしないというのは経験的に知っています。(斉藤さんがそれという意味ではないです) 日本各地で奮闘する、メディアなどには登場しないプチリーダー層が納得して信頼できる政治家の存在が求められます。
1168Picks