新着Pick
宮崎駿監督が長編製作復帰へ 事実上の引退撤回
小橋 正樹
建設業 他 統括産業医/嘱託産業医/メンタルヘルス法務主任者
以前、リーガルハイという無敗の弁護士古御門研介が数々の法廷バトルを繰り広げるドラマで、宮崎駿監督を恐らくモチーフとした回がありました(宇都宮仁平というアニメ映画監督のスタジオの下で酷使されて体調を崩した労働者が監督を訴えるというストーリーで、古御門は宇都宮側の弁護につくという内容)。 そのためか宮崎駿監督の名前が出るといつも下記のセリフのやりとりを思い出し、労使とは何かと考えさせられるのです。 古御門研介 「天才に常識を求めますか?ヘドが出る。ダヴィンチ、ゴッホ、ピカソ、北斎、手塚。彼らの職場に労働基準法があったと思いますか?王様と奴隷で何が悪い。みんな平等、みんな仲良しで天にそびえるピラミッドが作れるわけがない。天才の下で働こうとしたなら、地獄を見る覚悟をするべきだ。そして耐えられなかったのなら黙って去れ。非常識で横暴で自己中心的。しかし人類の宝のような作品を生み出す、それが宇都宮仁平です。以上。」 宇都宮仁平 「私の目から見たら、才能のある奴なんて1人もいない。どいつもこいつもバカばっかりだ!そもそも才能なんてものはな、自分で掘り起こして、作り上げるものなんだよ!俺だって天才なんかじゃない。誰よりも必死に働き、階段を一つ一つ、踏みしめてきただけだ!振り向いたら誰もついてきていない。怠けた連中が、ふもとでこうつぶやく。「あいつは天才だから」。冗談じゃない!ゆとりで育ったのんびり屋どもが、本当に嫌いだ!俺より、時間も、体力も、感性も、ある奴が、なんで俺より怠けるんだ!だったらくれよ。無駄遣いするんだったら俺にくれ。もっともっと作りたいものがあるんだ。俺にくれ!!」 まぁ、今この時代にこんなことを法廷で言っても即ツッコミがくるのでしょうが、純粋にアツイものを感じるのも事実です。 宮崎駿監督、お待ちしておりました^^
共同通信 47NEWS
668Picks