新着Pick
中国の配車アプリ大手Didi Chuxing(滴滴出行)、Taxifyと提携しヨーロッパとアフリカに事業を拡大
根岸 大輔
オリックス 渉外チーム/マネージャー、CPA•CMA
一部の国・地域でDidiやUberがウケているのは、これらサービスが、既存の同様サービスに対する消費者の不満を解消しているからです。 例えば上海では、日々の出勤・退勤時間(特に雨の日)や忘年会シーズン(12月ではなく春節前)の夜間は、タクシーが全く拾えなかったため、まず、スマホで配車予約できる機能が、ウケました。 その後、消費者の多くが配車アプリを使うようになると、アプリに「专车(いわゆる白タク)」の機能が足され、実質的にタクシーの数そのものを増やし、これもウケました。 また、一部の現地消費者がタクシー車両の衛生面や運転手のマナーに不満を感じつつある中、「专车」に、車のグレードを選択できる機能を足したところ、少し高くてもマナーの良い運転手がキレイな車で迎えに来てくれるサービスが、ウケました。 日本のタクシーは、すぐつかまりますし、キレイですし、マナーも問題ありません。贅沢なイメージが先行するため、気軽に利用する人が少ないものと考えます。その点から、先日都内で実証実験が始まった配車アプリでの事前確定運賃は、日本でのタクシー利用の促進に効果あるものと考えます。
THE BRIDGE
109Picks