新着Pick
ラグビー日本代表が挑む南アとは 日本の勝機は?世界の下馬評は?
BuzzFeed
田中 慎一(株)インテグリティ 財務戦略アドバイザー/代表取締役
ここまでのゲーム同様、フォワード戦でどれだけ優位に立てるかで決まるのは当然のこととして、今の日本代表は南ア相手でもフォワードで押されることはないと思います。 ただ、南アはニュージーランド戦で見せたような、前半の最初は超シャープなプレッシャーをディフェンスで仕掛けてくるはずです。 オールブラックスも最初は手を焼いていましたが、ボウデン・バレットを中心にギャップを突いて南アディフェンスを崩していきました。 南アもあんなラッシュディフェンスを80分間も続けられるわけがないので、日本は最初をいかに最小失点で切り抜けられるかがカギとなります。 なので、今日のゲームはどう戦うかの戦術がこれまで以上に大事になってきます。ハードワークが必要なことはもちろん、そのうえでクールなマネジメントが求められます。 アタックでは相手SOのポラードに余裕を持たせたくないところ。なので、ポラードにたくさんタックルさせるようなフォワード周辺でボールを動かす展開がいいと思うんですね。とにかく、ポラードを疲れさせてアタックに集中できないようにさせる。 早い時間帯は南アのラッシュディフェンスで日本もスコットランド戦のときのようにはポンポン速い展開はできないですし。 実は、この戦い方は前回大会で南アに勝ったときも効果的でした。SO立川が相手SOのランビーに猛然と向かって当たりまくったんですね。それも立川のあのゴツい怖い顔で笑 あれでランビーはビビってしまい受けに回ったのです。 ちなみに、日本も南ア、実はトライパターンがよく似た両チームです。 優位に立ったフォワードが質の高いボールをBKに供給し、スピードのある両ウイングでトライを取る。典型的な強いチームのスタイルであり、かつ、もっとも見ている人を魅了させるおもしろいラグビーです。 一方、トライを取れる状態にまで持っていくプロセスは違います。南アは基本的にキックオンリー、日本はバリエーションが豊富。 南アには失礼な言い方ですが、強いけど、見ていて”つまらない"ラグビーなんですよね。日本の方が遥かに見ていておもしろい。だから世界のラグビーファンを魅了することができる日本に勝ってほしいんです。 今の日本はニュージーランド以外勝てない相手はいません。 今夜はやってくれますよ!!
70Picks
ソフトバンクGの節税策、財務省が抜け穴封じへ
日本経済新聞
Yamada Norimasaアンパサンド税理士法人 代表社員 税理士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
312Picks