新着Pick

オリジナル

【新】日本人が知らない「ディープな」アフガン講義
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝静岡県立大学国際関係学部 准教授
「帝国の墓場」アフガニスタンに、なぜ大国は踏み込んでしまうのか。不思議なくらい、この山と渓谷の広がる貧しい土地に踏み込んでは、滅亡への端緒を開く大国が相次いできました。  ソ連も、アフガニスタンに進駐しなければ、あるいはもっと存続できていたかもしれません。  米国にしても、その国力の源が経済であるならば、アフガニスタンに手を出したところで何のプラスにもなりません。  まるで魅入られたようにアフガニスタンに踏み込んで身を滅ぼしてきた国々の歴史と比べれば、米国はまだしも損害が少ないまま足を洗った方といえるかもしれません。 シャーロック・ホームズは、軍医であったワトソンと初対面の際に「アフガニスタンにいらっしゃんたんですね。」と話しかけています。ワトソンは、第2次アングロ・アフガン戦争で負傷して、英国に帰国したところでした。すでに英国はアフガニスタンで泥沼の戦いに引き込まれていました。ワトソンが負傷した戦いも、山岳地帯で各地の地域勢力から相次いで攻撃を受け、撤退を開始した途端、さらに襲撃が相次いで壊滅する、といういつものパターンでした。 何の利益にもならない貧しい土地アフガニスタンですが、しかし大英帝国を支えていた一面もありました。アヘンくらいしか特産品が無い、といわれてきましたが、まさにそのアヘンやアヘンから生成されるヘロインをアジア諸国で専売するのが英国が植民地を維持するうえで必須といっていいくらい重要な財源でした。アフガニスタンでつくったアヘンを中国に輸出する、という英国の植民地ビジネスモデルは、各国が真似することになりました。シャーロック・ホームズのようにアヘンやヘロインを常用する英国人まで増えていきました。  上海のサッスーンハウス(和平飯店)で知られるサッスーン家のような英国のユダヤ人商人は、アヘン貿易を請け負うことで莫大な富を築きました。  日本も、日清戦争後、台湾などの植民地を経営するようになった時、アヘン輸入を手がけるようになったことが、日本がこの地域と関係を持つようになった最初のきっかけといえます。 本稿では書きませんでしたが、アヘンとヘロインは、アフガニスタンの地政学とグレート・ゲームの重要な要素です。今やイランやアフリカ、ロシア、トルコを経由して、米国やヨーロッパ、そして中国、インドといった新市場への輸出を急増させています。
594Picks
【漫画第7話】ロボットか、AIか。難問を解く「究極の選択」
NewsPicks編集部
加藤 崇Fracta, Inc. CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
184Picks
【小倉ヒラク】僕が出会った「クールな発酵文化」たち
NewsPicks編集部
重村 真輝NewsPicks編集部
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
47Picks
【1億円超を達成】30代子持ち夫婦の選択
NewsPicks編集部
グミ &パン
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1058Picks
【週末に学ぶ】まずは、気候の「ナラティブ」を理解しよう
NewsPicks編集部
Aki Mori金融・企業財務ピッカー / 京都大学大学院在籍
NP森川副編集長兼NY支局長が新著「グリーン・ジャイアント」を発刊されるとのことで、出版記念の対談を行ってまいりましたー。森川さんおめでとうございます! (ご本:https://www.amazon.co.jp/dp/4166613278/) 対談のテーマはエネルギー全般。ここから、気候変動問題とは、ESGのナラティブ、再エネ、電源のミックス、エネルギーテック、鉄鋼産業、蓄電池・EV、新卒の方々から見えるエネルギーインダストリーとは、、、のように話が広がりました。 森川氏は帰国子女 + NY在住 + 長らくエネルギー・重電ご担当ということで、知識が豊富だけでなく視野が広いです。お話ししていて楽しいです。 週末のゆるい読み物としてどうぞー。 —— ちなみに、私は現在人生100年時代のハールタイムとして、自分でデザインした勝手サバティカル休暇みたいなものをとっています。このタイミングで、金融やビジネスの現場(執行)を一時離れ、大学院にピットインしています。 大学院では、実務家の視点から「気候変動下での経営戦略」をテーマに研究中です。 ゼミでの指導教官の先生は、ボストンコンサルティンググループの日本代表だった御立尚資教授。御立先生のご持論は、グローバル企業の経営を次の数十年という単位で見たとき、①脱工業化・デジタル社会、②気候変動、③世界の人口増大の3つが、経営者が着目すべき最大の要因というものです。 実際御立先生は、これまでいくつかの兆円級企業の社外取締役に就いていて、例えばデジタル社会という面では楽天にて、気候変動や世界の人口増大という面では東京海上ホールディングスにて、各企業の戦略的方向性の立案に貢献されているのだろうと思います。 私は御立先生の指導のもとで、大きな潮流の中でいかにグローバル企業を経営していくべきかにつき日々考えています。 最後に20年の実務経験を持った上で大学院に来てみて思うことは、『ビジネス ⇄ アカデミック』を行ったり来たりすることで新たに生まれる知恵やネットワークがあるということや、『ミクロ(日々のビジネスの現場)⇄ マクロ(数十年単位の時間軸で見たり世界規模で物事を考える)』の回転ドア的思考を身に付けられるなということを感じます。
611Picks
【読書】パーパスの先にある顧客を「巻き込む」経営戦略
NewsPicks編集部
倉田 浩美ザボディショップジャパン株式会社 代表取締役社長
パーパスドリブンな企業の重要性は増す一方、まだまだそこまで舵を切れていない企業も多いのでは? その場合、まずは「ビヘイビアプリンシプル」つまりコンピテンシー(行動指針)の強化が、大事ではないでしょうか。なぜなら、コンピテンシーが浸透している企業は、まだまだ多くないので。 コンピテンシーが浸透している企業での経験上言えるのは、とにかく良いこと尽くし。コンピテンシー=会社の期待値を見える化することで、評価制度の透明性、より公正な評価へ繋がり、社員同士の共通ワードが生まれ、コンピテンシーを日々の言動に体現出来ます。 例えば、「カスタマーファースト」という一見ありがちな行動指針でも、ある企業にとってのカスタマーファーストの定義は、社内外問わず接する360度全ての人に対して、カスタマーファーストという定義だとなれば、行動も大きく変わってきます。つまり上にだけ丁寧な態度ではなく、同僚、部下にもカスタマーファーストな言動を求められるし、自分の評価にも反映される。 コンピテンシーが浸透している企業は、逆境に強いです。さらに社員一人ひとりのなりたい成長へ促進してくれるという良いこと尽くしです。年功序列からジョブ型、パフォーマンス重視の時代には、ますます求められますね。
465Picks
【小倉ヒラク】競争に疲れた時は、「手前みそ」を作ろう
NewsPicks編集部
重村 真輝NewsPicks編集部
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
69Picks
新着ニュース
本田圭佑がデビュー戦ゴール リトアニア1部リーグ
共同通信
F1ハミルトンが前人未到の通算100勝
共同通信
本田がリトアニアでのデビュー戦でゴール
共同通信
三好は後半途中まで ベルギー1部リーグ
共同通信
住宅建設資金の流用防止=地方政府が専用口座―中国恒大
時事通信社
サンプドリア吉田が今季2点目 サッカー、イタリア1部
共同通信
ロシア大統領の休暇映像公開 シベリアで国防相と
共同通信
名神高速でバイク転倒、1人死亡 滋賀、陸自車両と接触
共同通信
ベルリン・マラソン、土方は9位 エチオピアのアドラが初優勝
共同通信
メルケル後継へ二大政党接戦=独総選挙、投票実施
時事通信社
久々の新首相に期待=メルケル氏評価さまざま―独総選挙
時事通信社
26日の人出、7割超で減少 連休の反動や天気影響か
共同通信
アフガン退避者にビザ発給へ パキスタン、日本政府の要請承諾
共同通信
ヤ16―0中(26日) ヤクルトが10年ぶり8連勝
共同通信
総裁選4氏、同性婚に賛否 討論会が最終回
共同通信
スイス、同性婚合法化へ 国民投票で賛成多数に
共同通信
改革実行も信頼回復遠く=金品受領、発覚から2年―関電
時事通信社
米政府、来月資金枯渇も=「債務上限」で与野党対立
時事通信社