新着Pick

オリジナル

【川淵三郎】納得いかない左遷人事。大事な話は「差し」で告げよ
鈴木 優太郎
フリーランスエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NewsPicks編集部
88Picks
【完全解説】孫正義は、なぜ「世界」を買い漁れるのか
Aki Mori
金融・企業財務ピッカー / ㍿レノバ CFO
ソフトバンクGの後藤CFOへのインタビューをベースにした記事。 インタビューを一読して思ったのは、後藤CFOはこのインタビューに際してかなり「Debtサイド(銀行、社債の機関投資家、社債の個人投資家)」を意識/配慮してのご発言をされているということ。すなわち、ソフトバンクGの財務健全性・安定性・安心感を醸成するようなお話です。 このご発言の背景にあるのは、 ①ソフトバンクGの今の財務ポジションと今後の財務戦略については投資家(ここにはエクイティ投資家を含む)の重要関心事項であり、Debt資本市場と適切で健全なコミュニケーションと信頼関係の存在が、株主・債権者にとっても大切。Debt資本市場への配慮は、結局、株式価値最大化につながる ②ソフトバンクGの創業者CEOである孫氏の株式持分比率は2割程度しかない。これはこれ以上の持分低下が許容されない水準。したがって、新規大型買収時において、エクイティ(新株式発行)での資金調達は行えない。すると、資金調達の手段はDebt(銀行借入れや社債)かAsset Sale(資産売却、子会社上場の売出し、アセットバックの証券化など)しかCFOには選択肢がなく、 CFOにとり、カウンターパートとなるDebt資本市場参加者の金融機関や投資家が最大のクライアントで、重要 ③日本語記事であり、日本語術者である日本の銀行関係者は全員読んでいるため、リップサービス笑 この辺りかと思います。 —- なお、一方の孫CEOは、公の場では、常にエクイティの投資家を見て、株式価値・企業価値最大化を志向したご発言をされています(ちなみに、非公式の場では、孫CEOも銀行への感謝を述べられているそうです。これは伝聞系情報)。 —- メディアやネットを通じた投資家コミュニケーションに際して、ソフトバンクGのCEO/CFOのご発言の住み分け/重心の置き方は、とてもバランスがとれていると思います
NewsPicks編集部
1156Picks
【新】グローバル時代の「必須スキル」。今こそ会計を学べ
谷口 健
NewsPicks 編集部 記者・編集者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NewsPicks編集部
3491Picks
新着ニュース
トランプ大統領、「宇宙軍」新設を指示 米国の優位狙う
Reuters
米利上げ、引き続き年内3回を支持=アトランタ連銀総裁
Reuters
欧州市場サマリー(18日)
Reuters
トランプ氏「米国は移民収容所にはならない」
Reuters
米経済は非常に良好、緩やかな利上げの継続可能=米アトランタ連銀総裁
Reuters
朝鮮半島、シリアを議論=米ロ外相が電話会談
時事通信社
メルケル首相とゼーホーファー内相、歩み寄り=難民めぐりドイツ政権危機
時事通信社
ロシア・韓国大統領、北朝鮮との共同事業協議へ=RIA
Reuters
米グーグル、中国JDドットコムに5.5億ドル出資
Reuters
ロシア・米外相、シリアや朝鮮半島情勢巡り電話協議=ロシア外務省
Reuters
ダイハツ、国内3工場で19日の日中稼働停止 大阪地震で部品供給滞る
Reuters
トランプ大統領、移民問題でドイツ攻撃 受け入れ「大きな間違い」
Reuters
原油先物が反発、OPECと非加盟国の会合控え安値買い
Reuters
ECB、2019年秋ごろに金利巡る決定の公算=リトアニア中銀総裁
Reuters
北朝鮮、マスゲーム復活か=建国70周年の9月に
時事通信社
ブロック塀の高さが法に適合せず
共同通信
JR神戸線と京都線が全線運転再開
共同通信
台風6号で竜巻発生か、沖縄 推定風速70メートル
共同通信