ホーム
208フォロー
1694フォロワー
【橘玲】ニッポンの会社員が「狙い撃ち」されるワケ
NewsPicks編集部
【必修】転職=正解?年収アップに繋がるキャリアの作り方
NewsPicks編集部
中村 勝裕Asian Identity Co., Ltd CEO & Founder
「転職すると給料が上がる」。 日本にもそういう時代が来たのは、企業にとっては負担ですが硬直化した日本社会にとってはよいことだと思います。 ただ採用側の目線では、良い転職をするうえで以下のポイントは知っていてほしいです。 ・「今の職場で成果を上げている」人しか年収はアップしない 企業は活躍している人が欲しいので、ただ単に職場を変わるだけで収入が上がるわけではありません。今の職場で粘り強く成果を上げ、それを引っ提げて他者に売り込んでほしいです。もちろん、うわべだけの成果や盛った業績は見抜かれます。 ・異業種への転職で年収はアップしづらい 「新しい分野に挑戦したい」という転職動機も多いですが、企業からすると未経験者を取りなおかつ高い報酬を払うのはリスクがあります。異業種転職は「新しい経験を買う」という意味で、年収スライドか場合によってはダウンもあると心得ましょう。 ・「今の職場での評価」があなたへの評価 今の職場では評価されていないから、新しい職場を求めたい、という動機はあまりうまくいきません。職場が変わってパフォーマンスがガラリと変わることは稀ですから、前の職場での評価と次の職場での評価はおおむね一致します。(あまりに不運な職場を除いて)。今の職場で惜しまれて辞めるような人材を企業は求めています。
1063Picks
なぜディズニーはミッキーの著作権を延長しなかったのか…知的財産に厳しい態度を取るのをやめたワケ
PRESIDENT Online
中村 勝裕Asian Identity Co., Ltd CEO & Founder
権利に厳しいディズニーが「著作権を更新しなかった」というニュースはめちゃ興味深いです。 どこまで厳しく管理しても「パクリ」は世界から無くならず、イタチごっこをするコストばかりかかってしまう。ならば著作権にこだわらないという戦略もあるのではという示唆。パクリが出たとしても「オリジナルの価値」は下がらないどころかむしろ高まるのでは?という指摘もこの記事はしています。 現状では著作権はパクリ防止の一定の抑止力にはなっていると思いますが、生成AIでどんなデザインも作れてしまう時代になる中で、「クリエイティブの価値とは何か」について考えさせられます。 ーーーー(抜粋) コピーに対抗しようと作り手が法律に頼る場合、法律の施行は往々にして非生産的になる。レコード業界はここ何年も大学生をたびたび訴えてきた。その結果、不正ダウンロードこそ減ったものの、このような訴訟沙汰は当然ながら恨みや反感を買う。顧客を訴えるのはよいマーケティング戦略とは言い難い。 (略) 高級ブランドの偽物を買う人たちは、将来本物を買う潜在顧客との橋渡しをしていると言えるかもしれない。ある調査によると、高級ブランドの偽物を買った人の40%は、フェイクに飽き足らずにいずれ本物を買うという。別の調査によれば、偽物を容認することによって多くの高級ブランドの本物の価値は一段と高まるという。
13Picks
【AI時代の大疑問】結局「英語力」って、どこまで必要なの?
NewsPicks編集部
【週末に読む】私たちの悩みは「仏教」で解決できる
NewsPicks編集部
中村 勝裕Asian Identity Co., Ltd CEO & Founder
「仏教特集」に登場させてもらいました。 今、仏教が多くのビジネスパーソンののココロをとらえる理由は大きく2つあると思っています。 一つは「日々、触れる情報があまりにも多い」から。 情報の洪水に踊らされて私たちの頭はパンパンになってしまいがちです。 対して、仏教は「捨てる」ことを重視します。今起こっていることにシンプルに向き合うことで、頭がスッキリしやるべきことにフォーカスできます。 もう一つは、「世の中が不透明になっているから」。 先行き不安が増す中で、一体何を追い求めればよいのかわからず、なんとなく「不安」を抱える人が増えています。 仏教は、「不安は自分の心が作り出しているので、自分の心を整えれば、悟りに至る」と説きます。それを学ぶことで、現代人の我々も、時代や環境に惑わされないブレない生き方ができるでしょう。 とはいえ仏教は「難解でよくわからん」と感じることが多いものです。経典もたくさんあり、出てくる言葉も複雑です。 ですから、座禅という「体験」と、説法という「対話」で触れて、「感じながら学ぶ」ことが良いと思います。興味がある人は、お寺に出かけてみるとか、対話形式のわかりやすい本で学ぶのがよいでしょう。 ポイントは「ちゃんとわかろう」としないことです。東洋思想はもともと論理的な説明を目指していない概念ですから、「なんとなくわかった」とふわっと捉えるのが良いです。触れ続ける中で、「なんとなくわかった」瞬間が訪れるでしょう。 (拙著『リーダーの悩みは東洋思想で解決できる』もよろしければお勧めです!)
1144Picks
NORMAL