新着Pick

テクノロジー

反Facebookの「MeWe」が急成長--広告なし、プライバシー重視のSNS
CNET Japan
野口 誠大手電機 知財屋
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
97Picks
チューリッヒ大、ドローンが故障しても飛び続けるシステムを開発!
マッシュメディア
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
マルチコプターはプロペラ4つのものをquadcopter(クワッドコプター,クワドコプター),6つのものをhexacopter(ヘキサコプター),8つのものをoctocopter(オクトコプター)と呼びます.プロペラの数は偶数個で,2個ずつ反対方向に回転しています.これは,モーターがプロペラを回すトルクの反トルクで機体自身が回転してしまうことを防ぐためです.プロペラの数を偶数個にして,回転方向を半数ずつにして反トルクを打ち消しています.ドラえもんのタケコプターの大きな疑問は反トルクをどのように打ち消しているのかということで,ここから考えるとタケコプターはプロペラの回転による推力で飛行しているのではないことが分かります. 一見,単純構造でプロペラ回転で安定して空中に静止(ホバリング)しているように見えるマルチコプターは静的に不安定で,ジャイロ・加速度センサなどの慣性センサやカメラから姿勢を観測し,それに基づいてプロペラの回転数を細かく制御しないと,すぐにバランスを崩してしまいます. プロペラ一つが機能を失ったとします.プロペラ6つのヘキサコプター,8つのオクトコプターであれば,他のプロペラが補うことで何とか姿勢を維持することができます.しかし,4つしかないクワッドコプターでは,たとえ残りの3つのプロペラが十分な推力をもっていて高度を維持できても,打ち消せない反トルクで機体は回転運動を始めてしまい,姿勢を保つことはできません.結局,墜落してしまいます. そこで姿勢を維持,つまり静止することをあきらめて,クルクル回転しながら高度だけは維持する,動的なつり合い状態を確保することになります.この辺りは研究がいろいろ発表されていて,数値計算(シミュレーション)はできるが,現状,実際に飛行する機体でできるかどうかという状態にあります.難しいのは,そのような回転状態では先に述べたセンサが機能を果たさなくなることにあります.また空力も非線形となります. で,この記事になります.
18Picks
ルネサスやNXP、半導体1~2割値上げ 車やサーバー向け
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
コーラは数年前と同じ価格か、むしろ値上がりする。なのに電子機器は同じ性能のものは中古でしか売ってなく、当然ながら値下がりしている。なぜなのか? それは電子機器で大量に使われる半導体や電子部品は、基本的に値下がりを続けるから。なぜ値下がりを続けられるかというのは、「ムーアの法則」が有名だが、技術進化で回路をより細かくできることが根幹。同じ回路をより小さく作れば、コストが下がる。コストが下がるから、より多く売れ、規模の経済によってさらに価格が下がる。 この連続によって、テクノロジーによるイノベーションは、早く、そしてより多くの人に届けられてきて、私たちの生活は便利なものになってきた。 そのような基本的には値下がりを続ける半導体や電子部品が、値上がりすることがたまにある。値上がりすると一気に設備投資が進み、今度は供給過剰になる。そして大体サイクルのピークとなる。 今回がそうなるかは分からない。メモリはずっと値上がりして、過去1-2年は下がることもあったが、でも崩れていない。昔に比べて設備投資の規模が多くなり、プレイヤー数が少なくなり、需給が崩壊しにくくなっている。でも経験則としては意識せざるを得ない。
41Picks
Apple、日本でのApple Watch「心電図」機能を正式予告 Series 3以降で「不規則な心拍リズム」検出も
ITmedia NEWS
高麗 謙吾総合内科専門医・循環器専門医 医長
心房細動の治療が専門なので、少しコメントします。 基本的には高齢者の病気で60歳で1%、80歳で5%程度の罹患率と言われています。20-30代でもみることもあります。 心房細動に限らず、発作性の不整脈は発作時に心電図をとらなければ診断がつきません。そういう意味では正確な罹患率は未だはっきりしていません。 生涯罹患率は3-4人に1人と推測されていて、とてもよくある病気なのは確かです。 心房細動は脳梗塞の原因となるのですが、心臓でできたある程度大きさのある血栓(血の固まり)が脳の血管まで飛んでいって詰まるため、比較的重症度が高くなることが知られています。 世界中で死因の上位となっている心不全の原因にもなります。 循環器病対策基本法の計画案が今年発表されましたが、「健康寿命」を延伸する上で課題となる疾患だろうと思われます。 ちなみに、体内に植え込むタイプの心電計で観察するのが現時点で最も確度の高い検査法です。 高血圧症や糖尿病などのある70歳以上に植込み型心電計を入れて、心房細動の有無を調べると205/590人(35%)で見つかりました。しかし、そのうち24時間以上続いた人は33人(16%)のみでした。(JACC 2019より) つまり、「翌日病院に行こう」とか、病院に薬をもらいにいった時に心電図をとる程度では、なかなか見つけられないのです。 健診で見つかる心房細動はすでに頻繁に心房細動の発作を起こしているような状態の方だというデータもあります。 だからこそwearable deviceで見つけることの意義があると考えられています。 なお、植込み型心電計は1-2cmですがメスを入れないといけません。ですが、腕時計ならもっと手軽です。 ではsmart watchの性能はどうでしょう。 植込み型心電計を入れた人に、Apple Watchをつけてもらった研究では、心房細動の感度97.5%、陽性的中率39.9%でした。 (Circ AE 2019より) 見落としはほとんどないものの、他の不整脈との鑑別をするのは少し難しいというのが現状です。 期待されつつも課題のある分野です。 私事ですが、昨夏の心電図の大会で(お遊び程度ですが)日本3位をとりました!
388Picks
米インテル次期CEO、従来の製造維持にコミット-株価下落
Bloomberg.com
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
<追記>下記WSJ記事みると、よりアウトソースは増やすが、今後数年の新しい製品は自社という発言がゲルシンガー次期CEOからあった模様。「今後数年」というのは、すでに開発中のもの(7nmまで)ということかと思い、逆に今後開発していくもの(5nm以下)はファンドリーになる、とも解釈できなくもない?あとはTSMCのアリゾナ工場のタイミングと合うと、米国にとっては「米国製造」を維持できる。 https://on.wsj.com/3iC2qTC <追記終> ざーっと決算スライド(①)を見たが、気になっている7nmの開発(それがファンドリーに出すのかも決める、②)については言及がない。 Intelに長く従事し、現在はVMWareのCEOのゲルシンガー氏が2/15から次期CEOとなることが発表されているので、今回はファンドリーについての意思決定は発表されないと思っていたが、今のところ見る限り発表なし。一方で7nmについては決算で進捗を発表するとあったので、それがぱっと見当たらないのは残念。 いくつかの可能性としては「7nmへの投資を増加」(スライド6)とある。ただ現時点ではファンドリーシフトの意思決定をしていなければそりゃ投資するだろう。一方、FCFは過去最大で株主還元も多く、増配もしている(スライド4)。半導体は設備投資で、7nm以下で進めていくなら投資は必要。Intelは元々キャッシュリッチではあるが、ファンドリーシフトすれば設備投資は減るので…まぁ結論確定的なことは何もわからない。 ①https://www.intc.com/news-events/ir-calendar/detail/8508/q4-2020-intel-corporation-earnings-conference-call ②https://newspicks.com/news/5534861
44Picks
韓国で「対話AI」暴走 機械学習が陥ったワナ
日本経済新聞
星野 貴彦プレジデントオンライン 編集長
AIの特徴と限界を示す象徴的な事例ですね。いまのAIは原理的に倫理観をもちえません。なにが不適切で、なにが差別なのかは、文脈によって異なります。 さらに文脈はその社会の在り方にも左右されます。30年前ならまったく問題なかった発言が、いまでは大問題になるわけです。こうしたさまざまな文脈を踏まえて、完全に不適切発言を防ぐのは、人間でも困難です。 ましてや、人間とは比べものにならないぐらい高速に学習ができるAIであれば、小さな歪みでもどんどん大きくなります。人間であれば、なあなあで済ませられるのに、AIではそういうわけにはいきません。 最後は「倫理とはなにか」に行き着きます。これは人類がずっと議論していることで、いくら高速学習をしても答えが出るものではありません。現実的な解決策は「答えを控える(なあなあで済ませる)」ということでしょう。対話AIなら、実装はそう難しくないはずです。しかし、対話以外のケース、よりシリアスな問題(たとえばトロッコ問題)であれば、判断を控えているわけにはいきません。何でも自由に学習させるのではなく、事前に教師が教え込む必要があります。だからAIの自立学習は難しいのです。 AIが人間の代わりになるというのは絵空事です。他方で、AIにはさまざまな使い途があります。今回の事例は、その試行錯誤の代表例と受け止めました。
85Picks
【台頭】大手SNSのユーザーを奪う「暗号化メッセージアプリ」
NewsPicks編集部
中平 優太株式会社アトラク 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
416Picks
「Apple Car」、ヒュンダイ傘下の起亜が製造か
CNET Japan
川上 智子NewsPicks Inc.
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
44Picks
【宮田裕章×矢野和男】人の「変わらない欲求」の理解から、“データ×AI革命”は始まる 
大塚 泰子PwCコンサルティング ディレクター
・「そもそも何のためにデータを使うのか」を理解できていないことが課題 ・企業のトップがデータ×AIの本質を理解する ・「ハピネス」や「ウェルビーイング」の視点がビジネスでも重要になる 等を中心に、共感する内容ばかりでした。 先日別の記事でもコメントしましたが、Howの議論ばかりが先行して、Whyが定義出来ていないことが最も重要な課題だと思っています。 PwCで2020年に実施した「AI活用における日米調査」でも、「日本企業は米国企業に比べてAI活用の目標が明確になっていない」ことが分かりました。 ちなみに数年前の調査でも、「ビジョンの欠如やトップ層のサポート/リーダーシップの欠如」をデジタル化のもっとも大きな課題として挙げたのは、グローバルでは40%、日本では59%となっており、「企業のトップがデータ×AIの本質を理解する」という点でも日本は前進する必要があります(更にちなみに、ですが日本のCEOはグローバルに比して、最もデジタルスキルの自己学習をしていない、という調査結果もあります)。 「ハピネス」「ウェルビーイング」について、PwCでも先日、幸福学の第一人者である慶應義塾大学大学院の前野教授と「幸福度調査」を発表させて頂きました。企業が顧客の「幸福」にとことんまでコミットし、経済的利益と社会的利益を同時に最大化することこそが目指すべき姿である、という理念に立ち、実施させて頂いた調査です。 2021年の世界経済フォーラムに向け、以下のようなコメントが出されています。 ・世界の社会経済システムを考え直さねばならない。第2次世界大戦後から続くシステムは環境破壊を引き起こし、持続性に乏しく、もはや時代遅れだ。人々の幸福を中心とした経済に考え直すべきだ ・まず全世界の指導者が、この惑星全体とそこに住むすべての市民の幸福により重きを置き、 それを実現することが優先すべき行動目標であるという考え方になる必要がある ・私たちの幸福度は、一人当たりGDPで定義されるある富のレベルだけでは正確に測れない ・パンデミック後の時代には個人の健康と幸福がこれまで以上に社会で重視されるだろう コロナにより、この流れが加速していると思います。企業の存在意義、ビジネスの目指す姿を、「人々の幸福」を核にリフレーミングし、それにデータやAIを活用していく時代になるのだと思います。
478Picks
新着ニュース
Netflixが登録者数2億人超え。新機能もローンチするし勢いが止まらない!
ギズモード・ジャパン
アップル、スマートウォッチ「Apple Watch」シリーズの「心電図」と不規則な心拍の通知機能が日本でも利用可能に!iOS 14.4とwatchOS 7.3で - S-MAX
BLOGOS - 最新記事
パナソニックのワイヤレス・スマホ充電機、トヨタ クラウン に採用---大小のスマホに対応
レスポンス
法人旅行の回復を受けTripActionsが約5191億円の評価額で約161億円を調達、コロナ禍から大逆転
TechCrunch Japan
高校・大学eスポーツのPlayVSがGameSetaを買収してカナダ進出を加速、一般リーグも計画
TechCrunch Japan
シェーバーがヒゲの濃さを感知する時代です
ギズモード・ジャパン
アップルの自動車業界参入をトヨタはいかに迎え撃つべきなのか - 大関暁夫
BLOGOS - 最新記事
通信キャリアの料金プランに興味あり、経営統合やキャンペーンも
BCN+R
本白根山噴火3年、犠牲者悼む 群馬・草津、山麓で黙とう
共同通信
イーロン・マスク氏が最高の二酸化炭素回収技術に賞金104億円
TechCrunch Japan
メルセデスベンツ Cクラスワゴン 次期型、サイドパネルはスッキリ!新デザイン見えた
レスポンス
自粛太りをデータで管理しよう! Garminのスマート体重計はアプリと連携し天気予報も見られる
ギズモード・ジャパン
「コミックブシロードWEB」、はてな開発のマンガビューワ「GigaViewer」を採用
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
中国政府が決済事業の規制案を発表、AntとTencentによる寡占を抑制
TechCrunch Japan
ホットドリンクの温かさを長時間キープしてくれるマグカップは、寒い冬の必需品だね
ギズモード・ジャパン
あのインテルも苦境…半導体業界の激変が日本にとってチャンスである理由 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
ノートの「純ガソリン車」廃止で乗り替え客が発生! それでも「マーチ」が売れないワケ
WEB CARTOP
グーグルがモバイル検索のデザインを変更、違いはわずかだがよりわかりやすくモダンに
TechCrunch Japan