Picks
11フォロー
82フォロワー
【週末に学ぶ】サウジ王族の「感情」で動いた原油価格
NewsPicks編集部
若林 泰株式会社VISIO CEO Executive Facilitator
岩瀬昇氏の解説記事はいつも分かり易く、また示唆に富んでいます。今回も長期的なエネルギー多様化による石油需要の減退とコロナによる移動の制約による一時的原油余剰のショック、そして、三大産油国(米国はシェール)のお国事情と各国損益分岐点生産原価の分析を、俎上に載せて、急激な価格変動を説明されています。そして、中期予想は「2020~2021年は、もちろん市場の常でオーバーシュートはあるものの、基調として45~50ドルを天井とする展開」と述べておられます。我々は、明確な見通しの背景にはこの前提条件があることが理解できている訳ですから、この前提以外の要因、すなわち、ここで取り上げられなかった中東情勢(ホルムズ海峡)の混乱やエネルギー大消費国である中国経済の動向などに注視すればいい、ということが判るようになっています。世界人口が早ければ2050年をピーク(90憶人弱)に減少に向かうという長期的予想(「2050年世界人口大減少」 D.Bricker/J.Ibbitson共著、文藝春秋刊)も出てきていますし、大きな地政学的波乱がなければ、Withコロナの状況も長期化するとみれば、暫くはこのままこの岩瀬氏の予想価格帯で推移するのではないかと思います。
720Picks
NORMAL