Picks
141フォロー
1295フォロワー
盛山文科相への不信任決議案 否決の見通し 政倫審開催へ調整も
NHKニュース
小山内 怜治小山内行政書士事務所 代表
本人としては白を切り続けるしかないでしょう。褒められたものではないにせよ、ある意味当然の対応です。 問題は政権のほうで、盛山文科相は、例の統一教会に関するアンケートにおいて、接点が無い旨を回答しているそうです。これが虚偽の回答か、それとも解釈の不一致なのかは存じませんが。 そうした回答があったのであれば、「大臣(しかも宗教を所管する文科相)として不適格」である前提でのアンケートだったはずですので、本来は、岸田総理は、盛山文科相を更迭しなければなりません。 しかし、盛山文科相を更迭すれば、「他はどうなのか」「後任はどうなのか」「アンケート自体が適切だったのか」という問題が噴出してしまいます。だからこそ、無理やり庇っているのでしょう。 つまり、目先の政権運営のために、自身が総裁として実施した統一教会に関するアンケートや、当時の態度とは一貫していない態度を取り続けているのです。これは、何も盛山文科相の人事に限らず、あらゆる政策にこの「一貫性の無さ」が見て取れます。 こうした歪んだ一貫性の無さが、何をやってもうまくいかない原因なのですが、岸田総理ご本人にとっては、政権が維持できればどうでもいいのかもしれません。
15Picks
NORMAL