Picks
362フォロー
7213フォロワー
【動画】東大超え、沖縄の「秘密の科学者集団」
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
109Picks
【超入門】アメリカ経済は2つの指標だけを見よう
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1563Picks
【超名門】米イェール大が明かす世界トップ校の作り方
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
米トップ校が賢く財源を増やすために使っている「大学基金」。数兆円もの資金を動かし、大学をどう改革するのか、その秘策に迫ります 「大学基金」はまさに、金融機関!大学をお金で支える専門集団が集まっています。インタビューをしたリチャード・レビン元学長、そして大学基金の世界のレジェンド、デイビッド・スウェンセン氏は、イェール大学を今の形にした立役者たちです。 2021年に他界したスウェンセン氏への賞賛は、本人の手法だけでなく、彼が次世代の大学基金の後継者たちをたくさん育てたことにも寄せられました。 ※イェール大投資を担う「伝説の男」2016年:https://newspicks.com/news/1901807/body/ アメリカのトップ大学では、歴史がつくってきたと言える資金を生むシステムがしっかりと回っています。 驚くのは人材の層の厚さです。大学の基金で運用をしたという経験は、金融機関での就職でも大いに役に立つものだと言います。そうすると、大学で働きたいという人が生まれ、また金融機関からも大学の基金で働きたいという人材交流が生まれます。 また学長の人選も同じことが言えます。一流の学者でありながらビジネスの才覚を持ち合わせる難しさを両立できる人材がいるということもトップ校の強さなのだと感じました。アメリカでもそういった人材を見つけるのは簡単ではないというお話をレビン元学長も話していましたが、そうでなければ「ビジネス面を支えるエースチームを作ればいい」、という、まさにここも人材が集まる循環が生まれているのだと感じました。
551Picks
【最新】アメリカ「異例の金利引き上げ」3つのポイント
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
488Picks
現在地、自宅、勤務先のすべてが筒抜け…それでも若者が「位置情報共有アプリ」をスマホに入れる理由
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
127Picks
NORMAL