Picks
138フォロー
13707フォロワー
財政出動しても景気がよくならない根本的な理由
東洋経済オンライン
Kenji A米系運用会社 シンガポールオフィス
乗数効果が発揮されるほど長く財政拡大や金融緩和を続けないからです。90年代半ばは財政拡大はしてましたが97年の消費増税で急ブレーキ。安倍政権になってからまた財政拡大したが14年の消費増税でまたもやすぐに急ブレーキ。財政拡大をするとガラパゴス日銀が金融緩和を縮小、財政引き締めをやると日銀が緩和拡大と非常にチグハグな金融・財政政策が過去30年ずっと行われているのです。同時に財政拡大と金融緩和をやったのは2013年の安倍政権の実質最初6ヶ月ぐらいです。 飛行機の離陸で例えるとスピードは乗ってきたがまだ離陸出来てない時にブレーキをかけてるようなもんで、燃料空費してるだけ。これでなぜ飛べないと不思議がるのはアホの極地としか言いようがない。インフレが2%に届きかつ5年ぐらい維持されたところで初めて財政引き締めを考えればいいのに、岸田政権はすでに増税の話をしている。これじゃ乗数効果出ないに決まってるやん。 (追記) 日銀の資金循環統計を見れば財政政策と金融政策の効果がオフセットの関係になっていることはハッキリしています。ネットの経済効果が見事なほどゼロ近傍に管理?されています。学者さんには再度資金循環統計をじっくりご覧になることをオススメします。
76Picks
NORMAL