Picks
29フォロー
156フォロワー
金原ひとみが描く女性たち
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
デビュー作『蛇にピアス』が初めて世に出たきっかけは、2003年11月号「すばる」の掲載でした。つまり、ちょうど19年前になりますね。配信に向け、金原さんの小説を一気読みしました。退廃的で破滅的にも見えるけど、確かに“存在”する登場人物を通して人の孤独や本質に迫るような内容に沼っている人が多いのだと思いますが、改めて『蛇にピアス』を読むと、あの当時の若者は言葉遣いが乱暴なのがデフォルトだったなと何だか懐かしい気持ちになりました。また主人公のルイが「パソコンの使い方がわからない」と話しているのに対し、最新作『デクリネゾン』はコロナ禍という設定で当然スマホやTwitterが出てくるので、随分と時代が進んだなと感じました。19年前と比べると今は明らかに言論空間が広がりましたが、デクリネゾンでは言葉や文章の触れ方、受け止め方に世代間でギャップがあるという描写があり、個人的にも“言葉を愛し言葉に裏切られ言葉との蜜月を過ごしてきた”金原さんが今の言論についてどう考えているのか聞きたいと思いました。そして、焼肉擬人化漫画にハマっている腐女子の由嘉里が登場する『ミーツ・ザ・ワールド』。繊細さや悲しさが漂う話ではありますが、ほっこりする場面も多く、随所にでてくる「尊い」「無理ゲー辛酸溺死」「オサレ」「推し肉」といった言葉紡ぎや思考回路、若者同士の快活な会話内容に思わず声を出して笑ってしまいました(尊いという意味で)。由嘉里のこんな一言が印象的でした。 『私はいつまでもこの私で、私として生きていくしかない。そのことを思い知ったのだ。』 様々な情報に左右されやすい時代ですが、まず受け止めるところからスタートすることが大事なのかもしれませんね、これがまた自分以外の人だと余計に難しいことなのでしょうが。人としてどう生き、今の社会をどう見るのか。ぜひ皆様と聞けたらと思います。
3Picks
「分断時代」と日本の尊厳
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
日本は今どのような国柄を持つ国なのか?一般的には、戦前は天皇制、戦後は経済との結びつきでもって語られることが多いですが、その経済が30年も失われているとなると、今の日本とは何なのか?ふと、疑問に思う人もいるのではないでしょうか?また、SNSを含む言論空間に蔓延する『不安定さ』や『苛立ち』の正体とは何なのかを考えたときに、経済状況だけでなく、もしかしたら国としてのプライドや『尊厳』が関係しているのではないか?と考えるに至り、今回は先崎先生に登場していただきます。日本は民主主義国家ですが、先崎さんの著書によると、自由と民主主義は本家アメリカでさえも立ち行かなくなっているといい、その表れがトランプ氏やその支持者たちの出現だそうです。アメリカの今、日本のコロナ禍で起きた自由の対立、世界に素手で触れている感覚、戦後民主主義、求められる日本の国家像、そして鍵となる『自己同一性』とは何か?今回は皆様と、国について考えていけたらと思います。 【配信後記】 先崎さんが落合さんに『噂に違わぬ天才』『今年一番楽しかった』と言ってくださったのはとても誇らしかったです。第2弾が(勝手に)決定したので、ぜひお楽しみに!冒頭、アメリカでなぜ選挙が熱狂するのか?なぜ自己啓発本が売れるのか?という話から、ブラピ主演『リバー・ランズ・スルー・イット』の釣りをするシーンについて「あれは実はアメリカの宗教の原風景を描いたもの」で、自己が神々と向き合うこと表していて、それが個人主義と自己肯定感に繋がっているとの考察がありました。我々はアメリカというとNYやDCを思い浮かべがちですが、国の姿やトランプ氏の登場を理解するには、自然や共同体や家族を重視する大部分の“風景”を捉える必要があると気付かされました。アメリカは分断ではなく『三分化』だそうで、今は日本が参照するだけの国ではなくなったとの事です。先崎さん曰く、アメリカをモデルにしてきた日本は『成長もできず夢のない、若い人にはしんどい社会になってしまった』…そこで鍵となるのが『自己同一性』の回復だといいます。羅針盤のない状態では、目の前の正解に飛びつきがちになるが、個人や国家においても、自分がどんな存在として生きてきたかがわかると『こう変わろう!こう生きよう』と考えられるようになる!個人主義は肯定だけの意味ではない!熱のこもった言葉、ぜひご覧になってください。
309Picks
私たちは、なぜ“睡眠”に悩まされるのか?
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
地球上には多種多様な動物いて、それぞれ違った生態を持っていますが、異なることが多い中で共通しているのが『眠る』ことだいいます。ヒトも含め動物から睡眠を取り除くことはできないわけで、私たちは人生の中で多くの時間を費やしている『眠り』とうまく付き合っていかなくてはなりません。しかし、日本人の5人に1人が不眠などの悩みを抱えているといい、健康やパフォーマンスにも支障をきたすことから早急に解決したい問題ですよね。そこで今回は、日本人として4人目の快挙、「ブレークスルー賞」に輝いた柳沢先生の登場というわけです。どのような研究が評価されたのか?謎多き睡眠のメカニズムから不眠について、知らなかったことばかりの話になると思います。個人的には、眠らなくても平気な体もしくはショートスリーパーになりたいのですが、身近なだけに悩み多き睡眠に迫る秋の夜長を、落合さんと皆様と一緒に過ごせたらと思います。 【配信後記】 断眠実験は「極めて危険なので絶対に真似しないでください」ね。たくさんの質問を寄せていただきましたが、それだけ睡眠に悩んでいる人が多んだなと実感しました。内容はまさに驚きの連続で快眠のために良かれと思ってやっていたことが実は間違いだった!と知ることができました。〈寝酒がNGの訳〉〈負債は作れても貯金はできない〉〈睡眠時間が短いとメタボになる〉〈パワーナップ「昼寝は◯◯分まで!」〉〈つまらない話はなぜ眠くなる?〉〈タコもイカもクラゲも寝る〉〈睡眠の起源は脳より先〉〈社会が起きる時間を規定してしまった〉など…柳沢先生が資料を見せつつ解説してくれましたが、スタッフ皆がいちいち「そうなの!?」とザワついていたのは面白い光景でした。 常日頃、寝なきゃならないと不安を抱えてベッドに入る人は注意が必要です。「パブロフの犬」と同じ現象が起きてしまうそうです。あと寝る前のスマホは良くないと言われていますが、光だけでなく、今や多くの人が利用する“あるもの”がNGだと最新の研究で明らかになったそうです。ぜひ先生の言葉を聞いてくださいね。先生曰く「落合さんは真正のショートスリーパーかも」とのことで、これは残念ながら遺伝子で決まってしまうそうです。「努力でなれるは嘘」「自称ショートスリーパーはただの睡眠不足」。この言葉をもって私の夢は敗れましたが、自分の遺伝子を受け止めていきたいと思います。
679Picks
5つの視点で紐解く、web3ビジネスの未来
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
424Picks
メディアアートが問うもの
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
知っている世代は限られると思いますが、あの『ウゴウゴルーガ』のキャラクターデザインを手がけたのが岩井さんだと知って、私は『おぉ!』となりました。芸術の秋、読書の秋、秋の夜長…。秋には色々ありますが、今月は季節を感じるテーマをお送りしてまいりますので、ぜひ楽しみにしていてください。さて、WOをご覧になっている方にとっては聞き慣れた言葉『メディアアート』は、デジタル・テクノロジーを活用した芸術作品の総称です。テクノロジーは時代と共に進化するものなので、メディアアートも時代によって常にその姿を変えきたわけで、この先も進化し続けるということになります。日本の第一人者である岩井さんの作品を大公開しますので、作品を通して時代を感じつつ岩井さんの脳内、アートとテクノロジーの融合に触れる、そんな秋の夜長を皆様と過ごせたらと思います。 【配信後記】 ジブリの宮崎駿監督や坂本龍一さんにも一目置かれる日本初のメディアアーティスト・岩井さんの40年を振り返る形で多くの作品をご紹介しましたが『これが何十年も前のものなのか?』と驚く技術ばかりでしたね。岩井さんが子どもの頃に描いた『太陽と地球』のパラパラ漫画、太陽の周りを回る地球が爆発して、う◯ちになって太陽にかぶさる…発想がユニークで素敵でした。作品の話はもちろんですが、今回の対談のポイントは『デジタルとアナログ』です。岩井さんがある作品を作る上で大切にしたというのが“触り心地”で「物に対するフェティシズムがないと満足できないし世に残らない」という話を聞いて、“感触”はまさにデジタルの課題だと思いました。岩井さん曰く『本のページを捲る=ドアを開く=未知の世界に入る』ことであり、紙を指で触った感覚、ページを捲った時に感じる風。スクロールでは体験できないですよね。モノに対して、どこまでデジタルを憑依させるか考えなくてはならない、というのは私たちが直面している課題かもしれません。デジタルで保存しても「普遍」ではない、人間も紙も写真も時間と共に味が増すという考えにも、はっとさせられました。落合さんの「質量のあるものは壊れる。質量のないものは忘れる」の話とNFTやワードで書いたものはオリジナルになり得るのか?という問い。この辺りの話もおすすめなのでぜひご覧になってみてください。最後の『TVエンジェル』は、ぶっ飛んでいて素晴らしかったですね笑
128Picks
“第3の耳”で聴く世界
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
世界的なレジェンドのステラークさんが登場します!知らないという人も多いかもしれませんが、実は国際的には生ける“伝説”と言われているほど、パフォーマンスアート界においては著名な方で、これまでステラークさんが手掛けてきた作品は『未知、衝撃、ヤバい』といった言葉で表せるほど、正直、私自身は驚くものばかりでした。見たことのない写真や映像をたっぷりお届けする予定です。ステラークさんは、70年代から約20年間、当時最先端をいく技術を誇っていたとして日本を気に入り、実際に居住して活動していたそうです。時代的には、高度経済成長期〜バブル、今とはたいぶ状況が違う日本ですが、ステラークさんから見た日本の話も聞けたらと思っています。 ※WEEKY OCHIAIをご覧になった方へお知らせです。 『ヒューマン・コード・アンサンブル HUMAN / CODE ENSEMBLE』公演チケットが特別に割引になります。一般券座席指定し、購入画面でクーポンコード「HCE」を記入すると1,000円OFF https://teket.jp/5047/17543 【配信後記】 今回ご紹介した映像は、アートとはいえかなり衝撃的なものだったかと思います。ライブコメントに『wow』『itai itai』『OMG』など 英語表記が並んだのはいつもと違って面白かったです。新たな知見に出会ってしまった…という対談でしたが、印象に残ったステラークさんの言葉を一つ紹介します。 『私たちは、常に自分の体を自由な意志や方法で動かしていると思いがちだが、実際は習慣的で自動的で、かなり社会的・文化的な枠組みに抑制されている。自分の自由な意志というのは、とてもたわいのないレベルでしかない。自由な選択というのはかなり制限されているもの。』 個人的に、ステラークさんの50年の制作活動の本質がここにあるのかもしれないと思いました。社会や習慣からの自由、肉体からの自由の先に何があるのか?本当の自由を手に入れたら人はどうなるのか?しばらく考えたいと思いますが、たしかなのは、自分が自由意志のもとで行動していると疑いもなく信じているとしたら、それは何にも気づいていない状態であって、物事に因果があると把握してすらいない状態だと言えることなんだと思いました。注)最後のボードのスペルにつきまして、正しくは indifference になります。
135Picks
「水カン」ケンモチヒデフミの中毒性と音楽
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
水カンのケンモチさんの登場です。なんと6年前までサラリーマンをやっていたそうで、この華麗なる転向にとても興味があります。サラリーマン時代の思いや苦悩をストレートに表現した『ランボー』という曲が面白いです。あと個人的に、織姫の彦星への心情を今時の若者の口調や表現で歌った『織姫』もノリノリで良いです。どうやら落合さんとケンモチさんは、なにやら共同での取り組みをしているそうなので、その話と今の時代の音楽の潮流、日本の音楽のこれからなどについて聞けたらと思います。 ●ランボー https://youtu.be/XUVXXFiQsTU ●織姫 https://youtu.be/a76ivlT4HTo 【配信後記】 ケンモチさんがとても柔らかい表情で丁寧に話す方だと初めて知りました。さて、今回は4月13日に配信した『機動戦士ガンダム』シリーズの富野由悠季監督との対談の声をサンプリングしたDJでスタートしました。IFPIの報告によると、日本の音楽市場の規模はアメリカに次ぐ世界第2位で、今でも内需の大きさが維持されているというのは発見でした。とはいえ、ストリーミング時代、音楽一曲の価値を担保するには?という問いは今の課題なのだと思います。このあたりの話は4月27日に配信した小室哲哉さんの回と合わせてご覧になっていただくのがおすすめです。ケンモチさんは歌詞について、エクセルで作成していると実際の画面を見せてくれましたが、サラリーマン経験が生きているんですね。実際、どんなことでも後に意外なところで役立っていると思う事は良くあるので、色々と経験することは大切だと改めて感じました。 〈無限の音楽があるのに聞く人は有限〉〈著作権って何?「音楽は昔で言うところのコショウ」〉〈音楽はカクテルでありカレー〉〈生活に音楽があると全てがポエトリーになる〉〈ケンモチさん『歌詞(の作成)の方が面白い』〉〈音楽はテクノロジーや情報についていくことが重要、だけど…〉〈前のめりに楽しめるのは無敵の状態〉 ケンモチさんから『手を震える感覚を味わいましょう』という話がありましたが、年を重ねると難しくなるところはありますが、ノマドの回の『遊牧スピリット』が鍵かもしれません。最後のお題は『16歳の自分に伝えたい3つのこと』。ケンモチさんの回答は、けっこう意外なものでした。
175Picks
進化するサッカーの喜びを共有しよう
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
史上最も“リッチな”W杯と言われるカタール大会目前ですが、まずが代表メンバーに誰が決まるか注目したいですね。発表は11月1日に行われる予定です。日本はグループリーグでスペイン・ドイツ・コスタリカと対戦します。森保監督は『サッカーに絶対はあり得ない』と意気込んでいるとのことなので期待したいですね。久しぶりの祝祭感で、試合が始まればきっと多くの人がテレビを見ると思いますが、スポーツの視聴体験は、個人的に進化が欲しいと感じています。日本サッカー協会と筑波大による共同研究の中には『観戦環境および新たな視聴環境の開発』という項目が含まれていますが、今までにない構想を描いているようなので、まさに当事者であるお二人から、この辺りの話を聞いて皆様とワクワクできたらと思います。 【配信後記】 たくさんの質問、ありがとうございました。開幕戦はカタールvsエクアドル、現地時間11月20日19時、日本時間21日1時に開始です。配信後に落合さんも驚いたと言っていましたが、田嶋会長の質問へのリプライが早く、しっかりとした口調でどんな内容も明確に答えていたので、心地よいテンポの対談となりました。思わぬ形で森保監督が番組に登場しましたが、アイトラッキングで試合中の視線を測るなど共同研究は着々と進んでいるようです。 Q審判が機械に置き換わることはありますか? A徐々に置き換わりつつある。近い将来はオフサイドを見るAIの導入をFIFAは目指したいと言っている。その一方で田嶋会長は… 『ただ、人間がミスしたりする存在であることを学ぶ場としてサッカーがあったので、科学的にジャッジすることが本当に正しいのかという思いはある』 人の命や安全に関わるミスは許されませんが、今の時代は機械的な“完璧さ”を求め、求められる傾向が強すぎるようにも感じます。我々は人間であると堂々としていたいですね。田嶋会長がちょうどサッカーを始めた頃に、キャプテン翼が始まったそうですが、世界各国の言葉に翻訳され多くの選手に影響を与えた事実はやはりすごいことですよね、田嶋さん曰く『すごいのは僕らがまだW杯にもオリンピックにも出られない時代に、すでにそこを目指している子たちが主人公になっていたのは、ある意味感謝ですね。我々が目指さなくてはいけないことを、先に翼くんたちが目指していた』 日本サッカー、観戦環境、どちらの進化も楽しみですね。
204Picks
「web3」を基礎から学ぶ。Vol.1「ブロックチェーン」
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
695Picks
【参加型】安宅和人氏らと描く「3年後の自分を変える」シナリオ
NewsPicks編集部
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
482Picks
「ざんねんないきもの」からの教え
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
あの「ざんねんないきもの事典」が、今では第7弾までリリースされていて累計で480万部を超えているというのには驚きました。実際に手に取って、笑ったり、へぇ〜となったりしたという人も多いのではないでしょうか。私たちが住む地球には、確認されているだけでも約200万種の生物がいるそうですが、2019年に国連環境計画が主催した政府間会合で、人類の活動によって約100万種の動植物が絶滅危機にさらされているとする報告書が発表されました。このような情報に触れると、私はそれこそ“ざんねんな”気持ちになるのですが、なぜ絶滅させてはいけないのか?多様性の真の意味とは?人気シリーズを監修する今泉先生は1944年生まれで子どもの頃より生き物の世界を見つめてきたといいます。だからこそ見える人間の世界について聞けたらと思います。 【配信後記】 クイズコーナーがありますので、ぜひ皆さんも挑戦してみてください。ちなみに落合さんも意外な答えに感嘆した様子で、まさに「へぇー」の連続です。お二人ともネコ科の動物が好きとのことで、やはり猫の話がでましたが、猫は人間のことを「大きなダメ猫」だと思っているというのは驚きの事実でした。猫が飼い主の枕元に獲物を持ってくるのは成果を見せつけるためだとよく言われていますが、実はこれは間違いで、“あること”をさせるためだそうです。正解はぜひご覧になってみてくださいね。 【人間は動物にして動物ではない。動物から脱却しつつある】【人間は「ざんねんな」ところがいっぱいある】【人間以外に「美しさ」を感じる生き物はいない】 人間についての考察がありましたが、今泉先生の著書にはこんなことが書かれています。 “動物にはない人間の最大の特徴は、何だと思いますか?僕は「思いやり」だと考えています。…ただし、人間も動物です。生まれた瞬間から、無条件に愛情や思いやりを持っているわけではありません。幼い頃に親や周囲の人からたくさんの愛情を受け取ることで、思いやりや優しさが育つのです。だから、「お前はダメだ」などと、子どもを頭ごなしに否定して育てることはいけないと思います。” 人間であるならば、人間の最大の特徴を最大限に活かしていきたいですね。
227Picks
【異色対談】落合陽一×ガンダムで考える「宇宙世紀」の課題解決
NewsPicks編集部
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
263Picks
35歳になった「魔法使い」
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
WEEKLY OCHIAIがスタートしたのが2017年7月、当時29歳だった落合さんも今年で35歳です。さて、皆さんは35歳をどのような年齢だとイメージしていますか?ネットで『35歳』と検索すると、転職限界説、手遅れ説などの文言が出てきますが、少子高齢化社会の日本においては、まだまだ若い年齢だと言えるのも事実で、人生100年時代とも言われていますよね。とはいえ… 《このまま行くと2027年に40歳になってしまうから時間を味方につけないといけない.》 落合さんがこうnoteに記したように、時間は待ってくれないというか、どうあがいても止めることはできません。35歳の方、今後35歳を迎える方、そしてとうに35歳を通り越してきた方、皆様と年齢や時間について一緒に考えられたらと思います。落合さんは自分の道を自分で切り拓いてきたので、良い意味でいわゆる“普通”の生き方をしていません。いい相談役になるかと思いますので、ライブコメントからの質問、お待ちしております。 【配信後記】 35歳になった落合さんは『仏像づくり』に励んでいるので、作ってもらいたい方は落合さんのTwitterを覗いてみてください。私も作ってもらい待ち受け画面にしました。さて、今回は非常に多くの質問を寄せていただきありがとうございました。落合さんはほぼ全ての質問に答えました。 35歳という年齢に限らず、大きなヒントだと思ったのが、落合さんが自分の得意・不得意、長所・短所を明確に把握している点で、“選択”に迷いをなくすにはかなり有効な尺度だと感じました。得意なことをやる、これは前回の伊藤潤一さんの対談でも話に出た『弱みをどうにかするのではなく、強みを伸ばすこと』と同じで、迷いを感じている方はぜひ己を知ることから始めていただけたらと思います。 35歳という年齢について(1987年生まれは本当に豊作ですね)、この1年間の取り組み、今後の抱負、とにかく内容盛り沢山でしたが、印象的だったのが寄せられた質問への落合さんのこんな回答です。 質問:日本の未来を考えてくださるのはなぜですか? 落合:えっみなさん、自分家の中にゴミとか落っこってたら拾うでしょ? 続きはぜひご覧になっていただけたらと思います。あと余談ですが、この番組はどうやら『徹子の部屋』を目指すそうなので、皆様、どうかお付き合いいただけたら、とても嬉しいです。
192Picks
ドムドムハンバーガーの逆襲【ゲスト:藤﨑忍】
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
447Picks
“金融界の鬼才”が『教育』に取り組む理由
NewsPicks Studios
川田 大NewsPicks Studios WEEKLY OCHIAI
落合さんが先週、誕生日を迎えてnoteにこう記していました。 『2017年に30歳だった自分が2022年に35歳になるのは当然なんだけれど,このまま行くと2027年に40歳になってしまうから時間を味方につけないといけない.』 時間はあっという間に過ぎるもので限られてもいるため、できるだけ有効活用していきたいものですが、“金融界の鬼才”と呼ばれる伊藤潤一さんが東大金融研究会の活動に力を入れている理由が、まさに『学生たちに時間を有効に使ってほしい』という思いを強く持っているからだそうです。 いま話題の東大金融研究会、お金の増やし方よりも大切な“あること”を学べる場だとのことですが、たしかに『ググって終わり』『みんなが言っているから正しい』という状況になりやすい時代だからこそ“大切なこと”なのだと思います。伊藤さんがどのようなマインドを伝えようとしているのか、投資と金融と教育と人生のことなど、皆様と一緒に勉強できたらと思います。 【配信後記】 伊藤さん曰く、学生だけでなく社会人でもできていないことで一番多いのが『言葉の定義づけをしっかりする』ことらしいです。例えば『頑張りましょう』という話になった場合、ある人は“人生かけて頑張る”なのに、一方が“空いた時間で頑張る”という文脈で使用しているなど言葉の捉え方が人それぞれなので絶対にうまくいかないとのことです。『日本は集団の意思決定をしている人が少ない』という話が出ましたが、定義づけなければならない機会にすら巡り会えない人が多いとなるとそのための訓練が必要なのかもしれませんね。今回は、実践的で直で役立つような話ばかりの非常に面白い回となりましたが、個人的に印象的だったのは、落合さんのこんな言葉です。 『人間の能力にさほど違いはない。僕とウサインボルトでは10秒ぐらいしか変わらないんですよ。すごいことですよ。全然運動していないのに。』 日本は周りと自分を比べて不安になる人が多いとの話がでました。不安を煽る“ビジネス”に惑わされず、ノイズと音楽を聴き分けて進んでいきましょう! 伊藤さんがおっしゃったように、永遠に辿り着けないビジョンを掲げるのではなくビジョンと実現可能性を両立する『美しい目標』を立てることがとても大切だと感じました。 あと、投資=自分よりも優秀な人に働いてもらう、とのことです。
376Picks
NORMAL