Picks
17フォロー
24フォロワー
エアビー好調、旅行需要回復で 課題は供給
The Wall Street Journal
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
日本ではあまり問題提起されていませんが、昨年の3月のパンデミック宣言時、そしてさらに2020−21年の冬の冬季旅行シーズンで(一度落ち着いたように見えた国でも渡航制限や状況が変わったため)、ホスト側からもゲスト側からもキャンセルポリシーについて非難轟々で、米国ではかなりの件数の訴訟が出ています。 問題点は複数あるようですが、 ①ホスト側が自由にキャンセルポリシー・キャンセル料を決められるはずだったのに一律で全額返金にした →ホスト側損害 ②一部優良ホストへの救済金も微々たるもの →ホスト側損害 ③キャンセルポリシーが曖昧かつ柔軟性に欠ける →ゲスト側損害 ④キャンセルした時期によって表示された提案が異なったり、昨年3月時点で全額分のクーポン(travel credit)を選択しても予約時に実際に利用できなかったりした →ゲスト側損害 などが挙げられます。 電子商法上の事案として、既に米国では一審で原告(ゲストやホスト側)が勝訴しているものもあるようですが、興味深いものとなりそうです。 (関連米国報道) ホスト側 https://skift.com/2020/11/05/airbnb-accused-in-lawsuit-of-ripping-off-hosts-and-guests-with-covid-refund-policy/ https://www.business-humanrights.org/en/latest-news/hosts-criticize-airbnbs-refund-policy-in-response-to-coronavirus-outbreak-for-being-unfair/ ゲスト側 https://www.usatoday.com/story/travel/hotels/2020/06/25/airbnb-covid-19-refund-struggles-anger-guests-after-cancellations/3248831001/ https://www.abc.net.au/news/2020-05-28/airbnb-coronavirus-travel-refunds-riddled-with-loopholes/12291486
5Picks
帝国ホテル、京都に新ホテル開業を発表 総事業費110億円見込む 2026年春開業予定
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
帝国ホテル、京都・祇園で開業へ 26年春、外資系に対抗
共同通信
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
100Picks
H3後継ロケット「再使用型」開発へ…コスト大幅減、30年にも打ち上げ
読売新聞
沖縄で核実弾訓練、半年150回 冷戦下の1950~60年代
共同通信
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
【超図解】GAFAの次を担う、「最強SaaS企業」の全貌
NewsPicks編集部
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5025Picks
米、コロナワクチン特許の放棄を支持 バイデン大統領が表明
Reuters
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
世界貿易機関(WTO)場裏で、インドや南米での感染拡大を受けて、インドと南アがコロナワクチンの特許の一時放棄を提案したのに対して、ついにバイデン政権が同意しました。(なぜWTOが関係するかというと、TRIPS協定(WTO設立協定付属書である知財関係の条約)に係る問題だからです。) これによって、米国以外の製薬会社は格安のジェネリック版を作る又は輸入することができるようになります。 パンデミックではあるものの、これは難しい決断だったと思います。 人道的かつ科学的見地からは、当然特許放棄が必要と言えるかもしれません。 感染拡大地域でワクチンの供給量が十分でない一因は、既にワクチンを開発している企業の知財を侵害して訴訟を起こされることを恐れ、各国製薬会社が独自にワクチンの研究開発を進められないから、そして輸入する上で価格などが高すぎるからだと言われます。 また、欧米だけでワクチン接種が進んでも、感染が他の地域で拡大して変異種が生まれたときに、今のところ有効な既存ワクチンが効かなくなる日が来るかもしれません。(集団免疫を獲得しても、変異種の前で無力) しかし、ビジネスの観点からは、大手製薬会社(Pfizer, Moderna, J&J, NVAX)にとって恐ろしい前例となるかと思います。また、これだけで供給量が追いつくわけではないとの主張もあります(NYTなどより)。 米投資銀行のアナリストなどは、このような悪しき前例ができては、企業側がイノベーションを起こす気が失せてしまうと主張しています。 この観点から、AstraZenecaを抱える英国も適用除外に反対していました。 Pfizerも、自分たちのワクチンは19か国から280の原料を調達して、高度な機材や人材がないと作れないため、特許を放棄したところで供給量は増えないであろうと主張していました。 実際に、このような手続き面での措置以外に、技術移転も重要であることが指摘されているので道のりは長そうですが、これで少しでも国際的な状況が改善することを祈っています。
251Picks
ファッション・美容業界でも強まる広範にわたる環境志向
Forbes JAPAN
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
144Picks
G7外相、中国・ロシアが最大の脅威 共同声明採択
Reuters
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
194Picks
経済安保の担当役員設置、政府が主要企業に要請へ
日本経済新聞
Fukatsu Arisaユーザベース SPEEDA アナリスト 
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL