Picks
778フォロー
374フォロワー
日本人の給料がどうにも上がらない決定的な理由
東洋経済オンライン
Adachi Shogo海外大学院生
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
984Picks
民主党政権はそこまでひどかったのか? 安倍政権と比べてみると
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
Adachi Shogo海外大学院生
少なくとも外交関係に関しては、民主党政権は悪夢でした。 民主党政権グダグダ感が高まった要因として、その前、福田政権時からの与党が参院で過半数割れのねじれ国会による自民党政権の不安定化、その後のメディアによる自民党政権のネガティブキャンペーンにより期待値の高い民主党政権が、3年間で3人の首相という同じ短命政権及びねじれ国会と同じ道筋を繰り返したことが長期の第二次安倍政権成立へと繋がっていきます。 個別政策云々で言うと、民主党政権が100パーセント間違っていたとは言い切れないと思いますが、あの超円高時代を一切放棄したこと、コンクリートから人へというスローガンのもと、多くの地場産業たる建築業界の縮小を招いたこと、震災含め不景気時に適切な財政支出がなされなかったことは事実です。 その面ではあれだけ2万円の定額給付金やエコポイント制度、エコカー減税、中小企業支援などなどに積極的な財政支出を行った麻生政権はねじれ国会下でよくやったと言えるでしょう。 大陸棚の延長申請やもその当時の功績でしょうし、国益を考えると、民主党政権は少なくとも誇れる政策は見当たりません。 安倍政権も長いだけと批判するのも良いですが、少なくとも人手不足倒産という言葉や有効求人倍率が上昇したことも事実であり、返す返すも二度の消費税増税さえなければ歴史に残る名宰相であった可能性は高いでしょう。
451Picks
NORMAL