Picks
169フォロー
33561フォロワー
【本音トーク】テック株暴落の次に起きること
NewsPicks編集部
高宮 慎一グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
拡大局面で安いお金のがテック、スタートアップに流入してきたのは、一概に悪いことではなく、良い面、悪い面があった。より大きな資金調達を可能として、多くのユニコーンを生み出してきた。その中から”フェイク・ユニコーン”も生み出されてきたが、本質的に偉大な会社も生まれてきた。 同様に縮小局面にも、良い面、悪い面がある。全体的に投資家のセンチメントがコンサバになり、鈴木さん(仮)笑 のおっしゃる”ツアリストマネー”が去るのは間違いないだろう。バリュエーションや投資金額は調整され、勝ち組/負け組の二極化もおこる。すると、コモディティ化した資金を安く調達することに頼った成長戦略はもう成り立たない。 一方で、スタートアップにコミットして長期目線で投資を続ける”ジモティマネー”は継続的に投資をし続ける(ビジネスとして続ける以上、投資を止めることはできない)し、良い起業家、良い企業、良い事業には資金は集まり続ける。本質的な企業、本質的な投資家が選別がされ、厳選されたプレーヤーでエコシステムは発展は続けるだろう。逆に、それらのプレーヤーにとっては、成長機会、投資機会となる。 とにかく拡大局面から、縮小局面に、大きくパラダイムシフトをしたことを認識し、事業の成長戦略や投資戦略を見直すことが肝要だ。うまくアジャストできたところは、チャンスだろう。
1195Picks
【完全解説】スタートアップの「冬の時代」がやってきた
NewsPicks編集部
高宮 慎一グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
今回の株価暴落に直面し、「○○ショック」ではないのか?!と動揺はあると思う。が、現時点のインパクトを冷静にみると、GAFAMなどのテック大手の株価は、コロナ前の水準またはそれよりもちょっと上のところまで巻き戻ったところがほとんど。 コロナ前までに既に拡大局面が続き、コロナがなければぼちぼち調整局面に入るはずだったのが、コロナによる未曽有宇の世界同時金融緩和により、拡大局面がもう一段続いた形になっていた。 その点においては、通常の景気循環サイクルでもコロナ後の緩和分+コロナ前までの拡大分の調整余地があるということ。なので、ざっくりコロナ分の調整が入っても、さらにもう一段調整余地はあるものの、それは通常の景気循環の範疇ということ。 それに加えて、ウクライナなど地政学的リスクさらに拡大するリスクはあるし、予期せざる「ブラックスワン」が起こるリスクもあるかもしれないが、それはまだ顕在化していない。(今後どうなるかはわからないから、まさに「リスク」ではあるが。) よって、今回2022年5月までの暴落はでは狼狽する「○○ショック」のようなものではなく、現時点では景気循環サイクルの局面の変化として捉えるということでいいのではないだろうか。 その中で、スタートアップも、景気の局面の変化に合わせて、成長戦略を最適化させる必要はある。資金が安価に潤沢には供給されないので、トップラインだけを重視するのではなく、ビジネスモデルのエコノミクスを成立させることとのバランスを見ながらの成長をする方に、戦略のバランスをチューニングする必要がある。 その中で、一番戦略のチューニングに苦労するのは、トップラインのみを重視して、エコノミクスが成立していないスタートアップあだろう。一方で、エコノミクスが既に証明されていて、成長もしているようなスタートアップには、資金が集まり、周りが大きく事業投資できない中、競合に差をつけ大きく成長するチャンスだろう。
2207Picks
スタートアップの資金調達面談をピッチ動画に置き換えるべき理由
Forbes JAPAN
NORMAL