Picks
147フォロー
4523フォロワー
ハーバード大学のキャリアアドバイザーに学ぶ「職場でのZ世代との向き合い方」
クーリエ・ジャポン
井上 裕美日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長
Z世代の皆さんとのお話で感じることは、面接時などでそうなのですが、既に当たり前のようにダイバーシティな世界にすでにいるために、この企業はどれほどダイバーシティが進んでいるのか、男性側が女性の活躍を確認したり、女性側が男性の育休の取得状況を把握したいと質問をされたりと、いかに多様性ある視点や取り組みが、組織や企業に備わっている企業なのかを問われることが多いです。 また、今やっている作業が、世界と社会と、どう繋がっているのか、どう貢献していくのかという視点が高い印象です。地域活性のお仕事が多いのですが、自分も生まれた故郷に貢献したいですとか、祖父母の地域の街を元気にするために貢献したいという声も多く受け取ります。 世代により、その時の時代背景や社会の構造により、影響を受けてどこに関心があり、どういう振る舞いになりがちといった特徴は違うと思いますが、コロナもあり働き方も変わり、本当にフラットな世界に入ったのではと思うところです。肩書きなどではなく、もちろん、経験年数は尊重されるべきですが、これから益々マジョリティになるZ世代を受け入れていく企業も、フラットに皆が尊重しながら働ける組織になると良いのではないでしょうか。
22Picks
NORMAL