Picks
117フォロー
10866フォロワー
【超図解】GAFAの次を担う、「最強SaaS企業」の全貌
NewsPicks編集部
田中 道昭立教大学ビジネススクール 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2883Picks
【入門】誰でもアプリを作れる時代が来た。噂の“ノーコード”を徹底解説
田中 道昭立教大学ビジネススクール 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
6195Picks
【3分解説】トヨタはLyftから自動運転の「人材」を買収した
NewsPicks編集部
田中 道昭立教大学ビジネススクール 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
554Picks
【タケダのR&D戦略】イノベーション・協業・企業買収で「創薬」を変革する
田中 道昭立教大学ビジネススクール 教授
世界的に医薬品の研究開発費が高騰する一方でその成功確率は低下している環境下においては、医薬品の対象疾患や事業領域を絞り込むことが必要です。絞り込んだ方がR&D、マーケティング、販売等においても生産性が高い。海外展開やM&Aももちろん重要ですが、より重要なのは、自社の強みを明確にして、その方向性のなかでこれらの戦略を実行できるか否か。その中で有望な新薬やパイプラインをもつ企業を買収して自社のポートフォリオを充実させる。売上・利益の規模を拡大させることによって研究開発費を積み増し、新薬の開発力を高めていく。 これらの視点から考えてみると、タケダによるシャイアーの買収や同社の現在のR&Dは合理性の高い戦略であると分析しています。そして、製薬企業のビジネスモデルの中核が、研究開発への投資により新薬を創出、上市し、収益をあげることであることから、これから本当に真価が問われてくるのは、これらの戦略を実際にどこまでやり切ることができるかにあると思います。 武田薬品工業のコスタ・サルウコスCFOは、CFOとして財務に長けているだけではなく、経営戦略やR&D戦略等にも精通している「T字型人材」。幅広い知見と優れた専門性を武器としているコスタ・サルウコスCFO。日本の大企業のCFOもキャリアデザインの在り方などで大いに参考にすべき人物であると思います。 このような視点からも本記事をお読みいただけると幸いに存じます。
212Picks
日本の“出遅れ”がヤバい…じつは中国でもう「無人タクシー」が走り回っていた!
マネー現代
東芝はハゲタカ外資の餌食なのか
GLOBIS知見録 最新記事
田中 道昭立教大学ビジネススクール 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
911Picks
NORMAL