Picks
162フォロー
57109フォロワー
ソシオネクストが12日に東証プライムに上場、年初来最大のIPO規模
Bloomberg
若林 秀樹東京理科大学 大学院経営学研究科技術経営(MOT)専攻 兼 総合研究院 技術経営金融工学社会実装研究部門  教授  専攻長 兼 研究部門長
ファブレス企業としては、メガチップスが近い規模だが、ソシオネクストは1000億円を超え、国内最大となる。粗利60%弱は、グローバル水準に近いが、SGAも50%、うちR&D費が40%近く、OP率は10%以下となる。営業利益水準はメガチップスと同等である。メガチップスは粗利が20%、SGA10%であり、日本的ファブレスである。  2021年度は売上1170億円、粗利57%、SGA50%、営業利益85億円(7%)である。ここ数年は、ほぼ売上規模は1000億円前後で推移、営業利益率は改善傾向ではある。今後、重いR&Dが売上規模拡大でどうなるかが鍵であろう。製造原価の90%は外注費であり、TSMCやOSATである。     ソシオネクストは、「ソリューションSoC」という新しくかつ独自のビジネスモデルようだ。これまでは、顧客から受領したSoCの仕様に基づき物理設計のみを担う従来型ASIC、分野・アプリケーションを限定して機能・目的を特化させた汎用的ASSPを中心の事業展開だったが、2018年度以降、従来型のASIC及びASSPに加え、自社製品における差別化を求める顧客に対して、顧客とともに仕様の策定や論理設計を行い、先端テクノロジを組み合わせて顧客にとって最適なSoCを提供するビジネスモデルへのシフトを進めた。
37Picks
日本半導体業界の失われた35年 TSMC誘致などで捲土重来なるか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
若林 秀樹東京理科大学 大学院経営学研究科技術経営(MOT)専攻 兼 総合研究院 技術経営金融工学社会実装研究部門  教授  専攻長 兼 研究部門長
私の発言も引用されているが、やや誤解を招く感じかもしれない。 熊本のTSMCはソニー、デンソーも出資、JSAM、Fin-FETで、28から12nm量産工場。できれば、7nmも可能性。日本がTSMCに学ぶ。 筑波は、3Dパッケージの開発センター。こちらは、JOINT-2やRAASもあり、日本は優位。 これとは別に、日本版NTSCがあり、アルバニー(IBM)などと連携、ビオンド2nmをやるが、GAAというデバイス構造。 これからは、9月以降に見えてくるのでないか 詳しくは、https://most.tus.ac.jp/news/60654/ 敗因は、分野別に異なるし、時期によっても異なる。 DRAMは、油断と日米協定で価格維持で日本勢が参入しすぎ、JEDEC標準化や品質拘りもある。 ロジックは、そもそも、強くなかったが、ファブレス/ファンドリの水平分業に対応できず、M&AやEDAやIPも弱い。 NANDやCMOSセンサー、パワー半導体は頑張っている。製造装置や材料も。 全体について言えることは、経営者の技術軽視、技術者の経営無視、リサーチ力と金融力なし。 なお、NANDフラッシュについては、たまたまでなく、戦略的、88年に当時の川西専務、武石研究所長、のもとで、舛岡さんがやった。私が会って話を聞いた。東芝は、フラッシュの特許と、NANDの特許があり、フラッシュ全体はインテルがNORで事業化したし、コストが安いNANDにした。89年にレポートをかいた、NANDもNORも含め95年に3000億円、2000年に1兆円、その通りにになった。途中厳しかったが、頑張った。サンディスクとの提携も良かった。
207Picks
NORMAL