Picks
410フォロー
930フォロワー
女子大って、今の時代に必要ですか? 日本女子大学の篠原聡子学長に聞く
ハフポスト日本版
OKITO FUKAYA
平等とは、偏りや差別が無く、みな等しいこと。 多様性の時代に平等という言葉はナンセンスというのが個人的な意見です。 男性と女性は違うし、一人一人個性があるので、同性であっても、等しいことなどあり得ないように思います。 なので、ジェンダー平等という言葉は、あまり好きではありません。 女子大は必要か? 記事にあるように、意義があるのであれば、必要と思います。 そして、“女性だけで教育を受けることの意義”が存在するのであれば、同じ理由で、男子大があっても良いように思います。 女性と同じように、異性がいることで、劣等感を感じる男性は多いです。 実際、男子高校で、のびのび学んでいる男性は多いと思います。 異性から解放されて、のびのび学ぶことが、男子校・女子校の意義なんだと思います。 個人的には、男子大や女子大がもっと増えれば良いと思いますし、共学含めて選択肢を作ることはもちろんのこと、学ぶ内容も含めて、多様な選択肢が増えれば良いなと思います。 こうあるべき!とか、偏差値が全て!みたいな時代は無くなっていくと思いますし、個人的にはその流れに乗っかりたいです。 論点が多いので、文章がまとまりませんね。まあ、一人一人が色々と考えて、意見を述べて、議論になるのは、良いことだと思います。
【中学受験の選択】茂木健一郎 vs 富永雄輔
NewsPicks
OKITO FUKAYA
選択肢としては良いと思います。 子どもの幸せは、子ども本人しか分かりません。 子どもが自分で選択すれば良いと思います。 ただ、大人が介入しないと、受験する人は減り、いわゆる学力は低下します。(それはそれで新しい社会になりそうで興味深いですが、現実的ではなく、妄想にとどめておきます) また、受験を否定すると、学習塾業界にとっても大打撃で、失業者が増えてしまいます。 塾や受験という選択肢を残しつつ何が出来るか。 個人的には、子どもが社会と向き合い、勉強と向き合う機会を作れるかどうか、が重要だと思います。 子どもが考え抜く機会は、皆んなに持ってほしいと思います。 今の仕組みで、皆んなに考える機会を提供出来るのは学校だろうと思います。 国が新しく仕組みを作る方法もあります。 あと、文部科学省が必死に考えていると思いますが、何を勉強するか(教科書や試験の内容)も重要です。 今の小学校の算数の教科書を見て感じたのは、多様な解き方を伝えようとして、結局分かりにくい…ということ。算数なのに国語の勉強をしている気分になりました。 文部科学省も試行錯誤をしているのだと思いますし、授業によるフォロー込みで完成する仕組みなのかもしれませんが、あの教科書で自宅学習は難しいと思いました。 色々なところにネックがあると思いますが、上手く変革してほしいと思います。
765Picks
「6年間、ずっと同じでないとダメ」イマドキの中高生を苦しめる"キャラ設定"という呪縛
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
OKITO FUKAYA
キャラ設定はメリットとデメリットの両方があるので、その特性を理解して、上手く活用していくことが求められます。 中高一貫で、同じコミュニティのみに属して、生きていくとすれば、1つのキャラ設定に縛られて、変わりたい時に変われない…もしくは、大学や社会に出た時に適応の仕方が分からない…という形で悩み苦しむことになると思います。 逆に、転校しまくって、キャラ設定がどんどん変わる環境にいれば、色々と混乱して悩むリスクがあります(幼少期や思春期に、キャラ設定が定まらないと、精神的に不安定になる確率が上がると思います) 環境によって、自分の立場が変わり、キャラ設定も変わります。 それが当たり前と思えるような社会をつくることが重要だと思います。 あるコミュニティではS(ツッコミ)な人が、別のコミュニティにいるとM(ボケ)に回ることは良くあります。 東大で底辺にいて頭悪いキャラ設定だった人も、中小企業に行けばエリートとしてキャラ設定されてしまいます。 結局はコミュニティにおける人の特性の相対性によります。 コスプレ文化やネット社会(アバター)というのは、キャラ設定を変える数少ない手段となっていますが、現実社会でも、色々はコミュニティが当たり前にあって、それぞれのコミュニティに合わせてキャラ設定を変えるのが当たり前になれば良いと思います。 キャラ設定…興味深いですね。
国立大受験、共通テストにプログラミング…25年から「情報」追加で6教科8科目に
読売新聞
OKITO FUKAYA
科目数が増えるのは良いと思います。(ただ、プログラミングに特化するのが良いとは思わないです。科目名は情報みたいですが…どうなんでしょう。ITやデジタル化に関する知識を問うテストであれば良いと思います。) 若いうちに広く浅く学ぶことで、器が大きくなると思います。 そういう意味で、追加で、金融と政経も必須にしてほしいです。 そして、難易度は、平均点が70点くらいでも良いと思います。 (共通試験は、トップレベルの人の順位を競うテストではないため) 一方で、大学受験が向いていない人も多くいるので、社会の中に、大学以外の選択肢を増やしていく努力も必要と思います。 テストの形式は、筆記ではなく、CBT(パソコンで回答)が良いと思います。 教員が不足する問題については、そもそもの考え方を変えていく必要があると思います。 誰でも自学自習ができる環境を整える。教員はそのフォローに注力する。ITのチカラを活用すれば、一人一人の理解度に合わせた問題や解説を提示することが可能です。 学校に集まって、1人1台のPCを使って自学自習する。教員はフォローに徹する。合間にコミュニケーションを行う時間を設ける。これならコロナ禍でも自宅学習が可能です。 価値観や考え方含めて、DXの推進が求められていると思います。 慣習や常識にとらわれず、色々な角度から考えていきたいですね。
272Picks
ネットショッピングで最も重視するポイント1位は「価格」 2位は?
ITmedia ビジネスオンライン
OKITO FUKAYA
コロナ対策でネットショッピング増加。 買物といえば生活用品がほとんどなので、ネットショッピングでも生活用品の構成費が高いですね。 生活用品の購入で重視するのは価格。これは、リアルだろうがネットだろうが変わらないと思います。 ネットショッピングの課題は、購入から納品までのリードタイム。ここは各社競争が生まれますね。 品質は難しい問題。 リアルの場合、聞いたことのないお店だったとしても、商品の現物確認が出来ますが、ネットの場合、届いてみないと品質が分かりません。 プラットフォームのセキュリティも心配です。 こうなるとプラットフォームの信頼度が重要となってきます。 ネットには生産者が直接全国のカスタマーに商品を届けられるメリットがありますが、悪質なお店もあるので本当に難しい。 失敗するリスクを許容して色々な買い物をするのか。 口コミ含めて、ある程度信頼できる情報を得てから買い物するのか。 いずれにしても、買い手のリテラシーが求められる時代であり、買い物の難易度は上がっていますね。 買い手のリテラシーが低い場合は、リアル店舗が重宝するのですが、リアル店舗もキャッシュレスの流れで、やはり買い手のリテラシー向上が求められます。 教育が必要です。 誰がどのタイミングでどうやって教育するのか。 学校教育含めて、色々と考えていきたいですね。
170Picks
NORMAL