Picks
24フォロー
8フォロワー
労働組合 加入者は全体の17% 11年ぶりに前年上回る
NHKニュース
小松 邦岳国内CRO 統計解析担当者
労組は完全に企業風土によります。従業員の過半数を持っていなければ、経営者の意向次第です。「労組なんか認めない!」っていう価値観ガチガチの経営者だと石ころ扱いです。 労組に意味がありそうなら加入すれば良いし、石ころなら辞めれば良い。ユニオンシップは労組が力を持つためには効果的ですが、私は個人が労組を辞めることができるべきだと思うので、反対です。 私自身、労組の要職に就いていますが、会社から石ころ扱い系なのでなにかと辛かったです。得るものはあまりなく、失うものが大きかったですが、自らの手で組合を解散することが出来るのはいいことです。(解散します。) ここのコメントを見ても組合について大して理解されていないようです。企業側に組合について聞いても、別組織なんだから「知らんわ」って言うのが筋。一部の人の私物化って、声かけられて協力したことあるのかな。一部の人で回すしかないのが現状なんじゃないかな。 ちなみに僕の経験の中でガクっときたのは、 1)企業側への要求書の回答が、内容の特にない3行だった。 2)マネージャー職が「こういうことすると組合がうるさいんだよなー」みたく労組を理由に話すが、そんな事実はない。 3)組合員アンケートで「組合費が高い」の苦情。ウチの組合費は無料なんだけど。(マジでボランティア) でも人事の人と仲良くなれたのは良かったよ。 記事とは全然関係ない「想い」がついつい溢れちゃってごめんね。
56Picks
NORMAL