Picks
268フォロー
1208フォロワー
エアバッグ世界シェア2位「タカタ」はなぜ倒産した?名門創業家の罠
Diamond Online
西村 公宏とある税理士法人 しがない中間管理職
流動比率が100%割込んでいる状態の時は、 一般的に継続企業の前提に疑義が生じていると言われています。 流動資産は1年内に現金化される資産で、流動負債は1年内に決済される負債なので、 単純に加減算すれば、資金ショートしてしまいますからね。 実際は、流動資産や流動負債の内訳を精査しないと本当に危ないか分からないのですが、 タカタの場合は本当にダメだったようですね。 なお、GC注記は「レッドカード」ではありません。 レッドカードの時、つまり1年内に資金ショートする事が明らかなときは、 監査法人は「不適正意見」しか出せません。 また、今後1年間の資金繰りの見通しが立っていない時も、 監査法人は「意見不表明」になります。 無限定適正意見が出ているという事は、少なくとも1年は 資金繰りがなんとかなる見通し・計画があり、その計画について 一定の合理性があると監査法人が判断していたと言えます。 つまり、中長期は知らんけど、1年内は何とかなると表明しているのが、 「継続企業の前提に関する注記」、いわゆるGC注記となります。 GC注記が「点灯」したものの、倒産や上場廃止にならず、 復活している企業も、ちゃんと存在しています。
167Picks
【実録】スナップも出資する「破天荒ジャパニーズ」がいた
NewsPicks編集部
西村 公宏とある税理士法人 しがない中間管理職
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
465Picks
生き残る日本企業の「経営」はこう変わる。
西村 公宏とある税理士法人 しがない中間管理職
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
558Picks
被差別部落の動画をユーチューブから削除 グーグル「指針に違反」
朝日新聞デジタル
西村 公宏とある税理士法人 しがない中間管理職
削除は当然ですし、この対応に違和感は無いのですが、 ただ、現状のままで良いのかなぁという思いもあります。 住居移転の自由があり、戸籍もほぼ開示されない現在、 概念上は被差別部落は存在しないはずです。 が、こういう動画がある通り、固定化された被差別部落が 少なからずあります。 京都に住んでいると、当然にそれは知ることとなります。 誰からも明確に教えてもらってないですけどね。 「自然」と知ります。その近くに住んでいると。 部落解放同盟や全解連の精力的な行動により、 被差別部落がどこかを示唆する情報が マスメディアから遮断されてかなり長いですが、 結果、不自然にその地域に関する情報が欠落していきます。 それって、かえって関心を高める結果にならないですか? 内部からもあまり情報発信がされないので、 被差別部落と認識されなくとも、 「アンタッチャブルな地域」という認識を 何も知らない世代に振りまく結果になってます。 私の世代の多くは、そういう認識です。 たまにニュースになるとすると、同和問題で 不当な利得を得た人がいるというニュースぐらいです。 そういう意味では、今の状態は不健全だと思っています。 ただ、「部外者」はその地域の情報発信が困難です。 情報発信者に差別意図がなくとも、 受け手が差別の意図がある!と言ったら アウトになっちゃいますからね。 もっと内部からの情報発信があっても良いように思います。
74Picks
NORMAL