Picks
7フォロー
7フォロワー
「薬が健康を害する」のはなぜか?処方薬が原因で入院してしまうことも...
mi-mollet(ミモレ)
Osada Shinマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン
ポリファーマシーの定義として、薬が多いまたは少ないために問題がおきていること、とされています。必要な薬が出ていないために副作用リスクが増している状態もポリファーマシーですが、実際には、薬が多くて副作用リスクが増しているパターンが多いです。 日本では、「お医者様」の処方に対して意見することが憚られる文化が残っており、ポリファーマシーの一因となっています。「お医者様が処方するから」、何のために飲んでいるのか分からない薬を服用する。「患者さんが何も言わないから」、これまで通りに処方するということが少なくないのが現実です。 薬の中断には、再発のリスクがあるのは確かです。実際、減薬に関する研究では、一定確率で再発が生じます。ただし、継続することもリスクです。今派何ともなくても、将来的に副作用が起きるリスクがあります。一定確率で、やっぱり副作用が起きます。 重要なのは、医師も、患者さん本人・ご家族も、服用継続するメリット、デメリットについて、最新の知識を取り入れ、常に考え続けることです。ということは、常に知識をアップデートしている医師又は薬剤師に出会えなければ、減薬することは困難であるということです。 減薬のヒントとなりえる情報は、現在、AI(電子カルテ、電子薬歴上で)によって提示される環境は増えています。政策上も、厚生労働省から減薬のためのガイドラインが発出されたり、ポリファーマシーだと利益減少、減薬に取り組むと利益になるなど、実施されております。しかし、それでもなかなか減薬は進みません。 運動療法、食事療法、認知行動療法といった非薬物療法が薬物療法よりも優れた結果を示すとの研究が、様々な疾患に関してなされております。しかし、これらは、医療者にとっても患者さんにとっても面倒くさいのが事実です。 運動療法、食事療法を広く推進していく努力が、医療だけでなく、行政、広告、教育、製薬、福祉など全産業に求められていると思います。それ以外の企業も、健康経営によって、疾患リスクを減らしていくことが利益向上に繋がります。それらの取り組みは、新たなイノベーションに繋がります。
29Picks
「オンライン授業と言われても」 教育支援の現場が見た「子どもの貧困」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
Osada Shinマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン
貧困問題は、実際、見つけるのが難しいです。 薬局に勤務していると、公費番号から、生活保護や一人親家庭だと分かりますが、薬局での振る舞いは、それほど困っているように見えない方が多いです。 彼らにもプライドがあります。医療機関や薬局で経済的支援を求めようとは思わないでしょう。かと言って、どこに助けを求めればよいのか、誰に聞けばよいのか、分からず、苦しんでいることを見せずに、苦しんでいます。 薬局では、苦しんでいることが見えないですし、ごく一部の対応の難しい人のために、「これだから生活保護は、」などと思っている職員も少なからずいます。 しかし、薬局の事務員も、それほど給料が良いわけではありません。場合によっては、最低賃金に近い給料で働いている人もいます。薬剤師でさえ、日本の平均年収とあまり変わらない給料で働いています。 誰もが困窮し、誰もが余裕なく、生活しています。その不満が、マスク警察、自粛警察などの不寛容に繋がっている部分もあります。 極少数の余裕がある人は、更に資産を増やしています。インサイダー取引で辞任した日本調剤創業者は、未だに日本調剤から1億円以上の報酬を得ています。 格差が拡大しています。
172Picks
退職者を防ぐための心理的安全性向上--バンダイナムコスタジオが取り組んだ下地作り
CNET Japan
Osada Shinマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン
抗真菌薬イトラコナゾールに常用量の2.5倍の睡眠薬リルマザホンを混入させ、20件以上もの交通事故、1人の死亡例を出した小林化工ですが、その事故調査報告書からは、極めて心理的安全性の低い組織であったことが窺われます。 心理的安全性の低い職場では、ミスを報告することのペナルティが大きいため、ミスが隠蔽されがちになります。結果として、ヒューマンエラーが重大事故に直結することになってしまいます。 「ミスをゼロにしよう」として、ヒューマンエラー根絶を目指す組織は、そもそもリスクマネジメントを根本的に理解していません。ヒューマンエラーをゼロにするのではなく、ヒューマンエラーが起きても重大事故に繋がらない仕組みにすることがリスクマネジメントです。 そのためには、 ・ミスの情報が迅速に共有される体制(ミスを責めない、報告手順が複雑でないなど、報告しやすい環境作り、情報共有ルートの明確化など)。 ・ミスが起きてもチェックできる手順(出来れば、人間ではなく機械・AIがチェックする装置の方が好ましい)。 などの環境整えることが、リスクマネジメントです。 重大事故を防ぐためには、ミスを責めないというのは、きちんと理論を学んだことがなければ分からないことでしょうね。
89Picks
NORMAL