Picks
1フォロー
1171フォロワー
公園のトイレ、男女色分けせず 「性的少数者への配慮足りない」の声反映
神戸新聞
「男性産休」来年10月から制度開始 生後8週間以内に最大4週間
朝日新聞デジタル
瀬地山 角東京大学 総合文化研究科 教授
人生に家族の誕生と死以上の大事件があるでしょうか?今どき多少ひどい会社に勤めていていも、親の死んだ翌日に「おまえ出てこい」なんて言われないのでは?だとすれば忌引きと同程度に、夫の産休が当たり前になる社会を作りましょう。 私は第1子の出産をアメリカで経験しましたが、「立ち会い出産」という言葉がありませんでした。「立ち会わない出産」というのが、シングルマザー以外にほとんどないからだと思います。お母さんだけが実家に帰って出産なんて、そろそろ時代遅れになってほしいと20年以上前から訴えてきたのですが・・・。 ちなみに忌引きは労働基準法に規定がありません。ですので「忌引きが認められなかった」と会社を訴えても勝てません(有休を取ればいいのですが)。厚労省では、「社会的に認知された休暇」と分類しています。「法的な根拠はないが、社会通念として認められている」という制度なのです。 「夫の産休」も忌引き同様に「社会的に認知」されるべきだと考えますが、今回法的なお墨付きまでついたのです。取るのが当たり前の休暇になってほしいと思います。(女性だけではなく)働くすべての人の背後には、子供や介護を必要とする高齢者がいて、そのことを前提として職場が回らないと、日本は子育てや介護のできる社会にならないからです。
213Picks
中国、学習塾の料金徴収を凍結-年内の非営利登録を義務化
Bloomberg.com
瀬地山 角東京大学 総合文化研究科 教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
コロナ禍で3人に2人がストレス 4人に1人体重増 明治安田生命調査
TBS NEWS
大学の志望理由…男子「合格できそうだったから」、女子は「将来の仕事と関連しているから」
読売新聞
瀬地山 角東京大学 総合文化研究科 教授
まったく違う角度からコメントします。私は大学の職にありつけるまで20代の後半はずっと専門学校でアルバイトをしていました。大学に行かなかった/行けなかった人たちの葛藤と巡りあい、どんな相手であっても、おもしろい授業をすれば聴いてくれる、というのもその時に学びました。学生さんの私語の文句をいう前に自分の授業を点検する、というのはその時に教わった姿勢です。 法的には「専修学校」に分類される専門学校は、2年制の高等教育機関で、世界中で職業教育を行っています。日本の短大は高度成長期に自宅から通える、女子学生のための「腰掛け」就職を前提とした教育機関として普及しました。しかも内容は職業教育というより、教養教育に近いものでした。世界的には極めて特殊な現象です。日本の大学進学率のデータには、専門学校進学者が含まれておらず、このために世界のデータと比較するときにゆがみが生じていると考えます。日本の高等教育在学率は、専門学校を計算に入れるとかなり違うはずです。 そして私の経験でもやはり女子学生の方が平均的には優秀でした。専門学校はこの記事にある「将来の仕事と関連しているから」こそ選ばれる選択肢で、キャリアデザインがよくできている女子学生が多かったように思います。ただ一方でその人たちの20年後を見ると専業主婦を経て、パートなど非正規の職に就く人が圧倒的に多くなります。この調査がもし30代後半以降まで追跡できれば、日本の「三歳児神話」や無意味な母役割規範が、どの程度残存しているかを示す貴重なデータになると思います。
100Picks
授業料は取得単位数で決定!?私大に大変革の可能性
ニュースイッチ
瀬地山 角東京大学 総合文化研究科 教授
昔ソウル大学の大学院研究生だったとき、授業料は履修科目数で決まっていました。博士論文の資料集めが目的だったので、最小限の科目だけ登録をしました。ですので履修科目→授業料という理屈は理解できます。 一方で私は今学期履修者500人、その都度の受講者平均約700人の講義をしていました。比較的需要があった方なのだと思いますが、だからこそ逆に、学問の評価がそのときどきの「人気」のようなもので左右されることに強い違和感を覚えます。 学生が数人しかいなくても、貴重な研究・授業というのはあり、それはこの100年ほどで評価されはしないかも知れないけど、200年後にはなんらかのスポットが当たるものなのかも知れません。研究者はそういう大きな裾野を作る仕事をしており、頂点や人気だけが判断基準になるのは、人類の知の蓄積に対する冒涜だと思います。 私立と異なり、国立大学が学部間での授業料の違いを容認しないのは、そうした学問の多様性を重視するからです。私は文系の人間ですが、理系の授業料だけが値上げになるのは絶対に反対です。そうした目先にとらわれない運営を私立ではなく、国立大学がやれというのであれば、毎年運営費交付金を減らして競争的資金に回すといった愚策をやめ、若い研究者が落ち着いて研究を続けられる環境を作ってほしいと思います。結果としてそれは、私立大学にもよい人材を供給することになるはずです。
118Picks
NORMAL