Picks
2431フォロー
2022フォロワー
ファイザー製2回接種で「99・8%に抗体」…研究チーム「コロナと戦う力ついた」
読売新聞
E. Itagaki
たとえ感染しても、発症したり死ななければ問題無い。 それがワクチン。感染者が減る訳では無い。 抗体を作るためにやるのだから感染者はむしろ増えるが、発症は減る。 それが流行の鎮静化。知らない間に免疫が出来てることもあるだろう。 これまでもよくあったこと。ただ今回ほど感染者発表はなかったが・・・ 発表された感染者死亡確率と、以前のインフルエンザの死亡率とどれほどの差があるか、比較して欲しい。凶悪度の差はあるかも知れないが、 感染者の数が、すべて発症者では無いはず。 もし、感染者全員が全員亡くなってたとしたら、今頃とんでもない事になっているのではあるまいか? 平時より健康に留意するのは当然ではあるが、国丸ごと煽られ過ぎ。 オリンピック前でもあるし慎重になっているとは思うけども。 政治家は国民の声に左右されざるを得ないところはある。 命が・・との突っ込みには弱い。 不安を感じるなら、まず個人がそれへの対策をする事が肝要かと思う。 過去、世間で流行中もそれなりの対策をしてきたのでは? ウガイ、手洗い、マスク、なるべく過労にならないように。 保温、安静、栄養、睡眠、湿度、気分転換・・・まあこれぐらい気が回ってれば体調異変にも気がつくし、そう簡単にはダウンしない。 御守りに、いつでも服用できるように、葛根湯とジキニン顆粒は持ち歩きですけどね。
【削除されました】養殖物2021年5月14日(金)
note(ノート)
E. Itagaki
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
台湾有事の介入警戒=日米仏訓練を批判―中国紙
時事通信社
E. Itagaki
口の災いの大量生産続けてる自覚が無いのが一番の問題。 国内牽制語の数々がいつの間にか、クセになったか? 国外にまで通用する気になっちゃっているように見える。ピラミッド型の支配構造で有無を言わせず支配すると、ピシッと決まって先へ進めたような形になるので、では次は・・・と次の課題へ向かおうとする。これを繰り返して行くとどうなるか? 国外にとって、国内と同じような強気の発言を聞かされたなら、国外は好感を持って聞く訳が無い。反感持つが当たり前。 中国人で誰だったか忘れたけど、戰浪外交を批判した人がいたが、それで変わったようにも見えない。耳を傾けても良かったのではないかと思う。内政事情は分からないが、口や見かけほどの事なく混沌として治政も相当に大変そうではある。ゆえに強行的にならざるを得ないところはあるだろうと想像するが、同じやり方を国外に向ければ、軋轢が生じ分が悪くなり、中国対世界の構図になってしまう。 中国の肩を持つ国もあるが、強国とは言えず・・・ 何とか名誉?ある撤退?声明の知恵を絞ったほうが、中国の為にもなるのではないか? 世界中に、問題の無かったためしはないが、地球🌏で共存する未来を人類の子孫に残しておきたいと願っている。誰によらずそのうち寿命は必ず来るのだし。でも命のリレーがあれば、きっと人類はこれからも進歩してゆくだろう。 なんせ原始時代からここまで来たんだし・・それ思ったら、 人類って凄い生き物👀
NORMAL