Picks
8フォロー
53フォロワー
いま、言論の力とは
NewsPicks Studios
西村 佑美発達専門小児科医ママ友ドクター 子どものこころ専門医 Kids Develop Research代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
533Picks
公立の小中学生8.8%に発達障害の可能性 文科省調査
毎日新聞
西村 佑美発達専門小児科医ママ友ドクター 子どものこころ専門医 Kids Develop Research代表
うーん、専門の医師が関わっていない印象を受ける調査なのが残念。記事の表現も専門医が関与してないのがわかる。まず、近年『発達障害』から『神経発達症』と正式に名称が変更になってることを一言も触れてない。これでは相変わらず『支援すべき障害児ら』というニュアンスがつきまとい子どもたちを理解する上での弊害となるので残念。 少数派の思考回路をもち認知や感受性も多数派とはちがうがそれを『専門家がなおすべき、支援すべき障害』と決めつけ子供を締め付けるのは周囲の大人や環境である。少数派の彼らに向け指導の工夫は必要だが、原則が心理学の難しい方法などでは決してない。 というか、基本中の基本である自己肯定感を意識した接し方と声掛けは、多数派の子どもたちにもとても有効でどんな教員も学ぶべきである。 あと先生が記入したとされる『発達障害を診断できるチェックシート』なるものは、医学的に存在しない。いくつかの検査や問診、困り事などトータルで子供をとらえ必要なら診断をつけるが、診断をつけること自体が目的でもなければすべてのケースで解決策に直接つながるわけでもないことを理解してほしい。診断をつけるよりも、子供を伸ばす上で必要な考え方と対応案(あくまでも対応策は一つではない)専門家がアドバイスし、親や大人が前向きに実践していくこと。あと、細かい記事の表現の訂正だけど、教師は子供を『診断する』行為は不可。今回も『発達障害の可能性を示唆する質問用紙』くらいなら調査用に作って使ったはず。前回の調査と同じもの使ったといして…前回から診断基準が大幅に変更してるけど、どこまで対応したのか…。 海外と比べると、子どもたちの扱いも彼らへのイメージも向上せずどんどん遅れていくのが心配。特性を強みに変えられれば、フツーの多数派の子供と比べても貴重でおもしろい人材の卵なのに、もったいない。 Νewspicksのような新しい報道媒体にもっとイメージアップなど頑張ってほしい…。
335Picks
発達障害かもと思ったら?気になるポイントをご紹介します。
PR: 政府広報
NORMAL