Picks
12914フォロワー
能楽に隠された「日本の鼓動」
NewsPicks Studios
NewsPicks Studios公式アカウント
能楽に隠された「日本の鼓動」 「いよぉー、ポンッ」 実際に見たことはなくても、この文字だけで私たちが思い浮かべるものは同じではないだろうか?そう、650年以上の歴史を持ち、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている伝統芸能「能楽」の小鼓の響きである。 その音色を現代に響かせているのが、2017年に重要無形文化財各個指定、いわゆる「人間国宝」に指定された大倉源次郎氏だ。能楽小鼓方大倉流十六世宗家として伝統を守るだけでなく、新しい表現方法を模索し、日本国内だけでなく海外公演も行ってきた大倉氏は、能楽には「古代からの日本人のDNAが隠れている」と言う。 源流を遡れば民衆の芸能から始まり、時には織田信長や豊臣秀吉など時代の寵児に保護され、時には存亡の危機にさらされながらも歴史と共にあり続けた能楽。「藝能に刻まれた歴史」を紡ぐ能楽師たちは現代に何を問い、何を伝えようとしているのか。 “日本史の真実“とは何か?忘れられた日本の心とは?現代における「能楽」の使命、そして未来は…? 大倉源次郎氏とともに、落合陽一が「隠された古代からのメッセージ」を読み解く。 ※ライブコメントからの【質問】に答えます。 ゲスト:大倉源次郎(能楽小鼓方大倉流十六世宗家 重要無形文化財各個指定 通称「人間国宝」)
179Picks
プロだけが知る「令和の不動産売買」【沖有人vs中山登志朗】
NewsPicks
世界的リーダー養成校「ボーディングスクール」の実態
NewsPicks Studios
NewsPicks Studios公式アカウント
【2024/02/02 21:00〜配信】 年間学費が数百万円と高額のイメージがあるインターナショナルスクールや全寮制ボーディングスクールだが、最近、年間約100万円で通える学校が登場。また、授業料は無料、実費60万円で学べる“日本初”の国際バカロレア公立校に志願者が殺到し、さらに、比較的安価で人気沸騰中の「インド式インターナショナルスクール」も拡大している。 さらに、海外の「国際教育」事情として、スイスの伝統校の他、マレーシアなど新興ボーディングスクールの特徴についても伝授。 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOも通ったアメリカの名門校が取り入れている、日本にはないリーダー育成術とは?日本語・英語の両軸で学べる「イマージョン教育」など選択肢が増える中、どのように進路を選べばいいのか?インターナショナルスクールに入らずとも、ハーバード大学を目指すことはできるのか? 「SAPIX YOZEMI GROUP国際教育事業本部長」で、ボーディングスクール留学をサポートする髙宮信乃氏、「国際教育評論家」の村田学氏を交え、世界のトップ人材を育む「最先端教育メソッド」を深掘りしていきます。 <出演者> ・成田修造(エンジェル投資家) ・佐藤亮子(4人の子供を東大理Ⅲに入れたレジェンドママ) ・宮村優子(声優) ・村田学( 国際教育ジャーナリスト / IST編集長) ・髙宮信乃(SAPIX YOZEMI GROUP国際教育事業本部長)
269Picks
FREE_SUPPLIER