Picks
30フォロー
45フォロワー
自民・菅氏「円安のメリットを生かした政策を」
産経ニュース
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【超図解】驚愕の10兆円。大学ファンドのすべて
NewsPicks編集部
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1064Picks
原発の40年運転ルール「科学的根拠なし」 経産省が論点整理
産経ニュース
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
政府、24年ぶり円買い介入 円安阻止へ、145円台から反転
共同通信
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
509Picks
不安定な時代の「お金との付き合い方」とは?
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
楽天証券経済研究所の篠田さん、杉村さん、黄さんとファンズ代表の藤田の対談を記事にしていただきました。ありがとうございます。 実質金利からシンプルに投資の必要性を論じる杉村さん、投資と事業になぞらえポートフォリオ管理が重要と説く黄さん、日米の投資スタンスの違いを成功体験の有無から解き明かす篠田さん、お三方それぞれに手触り感のあるお話で、金融や投資の教科書より納得感をもって読んでいただけるのではないかと思います。 「貯蓄から投資(資産運用)へ」の掛け声とは裏腹に、家計の金融資産に占める現預金の割合は日本では約54%であり、米国の約13%、欧州の約34%と比べて現預金の割合が大きいのが現状です(https://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjhiq.pdf)。記事の中で杉村さんや篠田さんがおっしゃっているとおり、投資をインフレ、実質金利を考えて自分のお金の価値を守ることだと考えれば、投資や資産運用が案外身近なものと捉えていただけるのではないでしょうか。 Fundsは、上場企業を中心とする企業に間接的にお金を貸してリターンを得ることができる貸付投資のオンラインプラットフォームです。不安定な時代だからこそ、お金の価値を守るための投資として一歩踏み出す方のパートナーになれたらと思います。
311Picks
銀行好きの元外資金融マンが創業、“法人版チャレンジャーバンク”で新興企業の資金調達手段を拡大
DIAMOND SIGNAL
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
FivotさんはIDAREリリースの頃から注目しています。少しテクニカルな話になりますが、●●Payのアカウント残高は資金移動業の場合、残高にポイントを付けると預金金利とみなされ、出資法上の「預り金」に該当してしまうリーガルリスクがあるのですが、IDAREは前払式支払手段と構成してポイントを付けても預金金利との評価を回避していました。これはリーガルハックだなと。 法人への資金供給についても、請求書立替、RBF、ベンチャーデットとチャレンジャーバンクを名乗るに相応しい商品ラインナップです。請求書立替、RBFは対象事業のトラックレコードがある程度予測できれば割と手堅い商品設計が可能になる一方、ベンチャーデットについてはランウェイエクステンションにしても次のラウンドでの調達可能性に賭けることになるので、融資の判断は一層シビアです。 これは、Fivotさんが資金供給の原資をどのようにして調達するか(製造業であれば原材料をどのように仕入れるか)にも関わる重要な点です。通常はエクイティファイナンスで調達をしていくことになると思いますが、シリーズAの調達額10億円に対して「今後1年で累計50億円の融資の実行を目指していく」方針とのことなので、別の想定が現段階で具体的にあるのかもしれません。 例えば、優れた融資判断の手法に納得を得ることができれば、ベンチャーデットファンドを組成の上、機関投資家からLP出資を受けることも考えられます。チャレンジャーバンクを独立系で展開していく場合、大胆な戦略策定が可能な一方、継続性のある調達チャネルをどう確保していくか、ここが実は一番の肝になります。Fivotさんの今後の事業展開に引き続き注目したいと思います。
144Picks
ウクライナ戦争で台頭する「顔認識」 米新興企業が手掛ける“ヤバすぎる”サービスとは
ITmedia ビジネスオンライン
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
現代の戦争があらゆる意味で情報(インテリジェンス)戦であることがよく分かる記事です。これは言い換えれば、個人の権利保障に責任を持つ主権国家が、その自己防衛のために、本来個人の権利の範疇に属する自己情報コントロール権を制約し、利活用の必要に迫られている、ということでもあります。 難しい問題ですが、憲法学、行政法学をはじめ法学の世界でもこうした情勢を踏まえた論点に正面から向き合って議論がなされることを期待します。 また、この記事からも明らかなとおり、先端的な情報技術の多くは民間利用のみならず軍事転用も可能になり得るところ、そうした技術研究にどのようなスタンスで臨むべきかが問題となります。 この点については、日本学術会議が今年7月に「今日の科学技術とりわけ先端科学技術、新興科学技術には、用途の多様性ないし両義性の問題が常に内在しており、従来のようにデュアルユースとそうでないものとに単純に二分することはもはや困難で、研究対象となる科学技術をその潜在的な転用可能性をもって峻別し、その扱いを一律に判断することは現実的ではない」との見解(https://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo328-integrity-kaitou25-1.pdf)を公表したことが注目に値します。
183Picks
半導体も高専に任せろ 佐世保や熊本、即戦力育てる
日本経済新聞
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
決済アプリに直接入金 給与のデジタル払い、なぜ解禁?
日本経済新聞
髙尾 知達ファンズ株式会社 取締役CLO/弁護士
この話はきちんと説明しないと論点の所在が分かりづらいので書きます。給与デジタル払い(資金移動業者アカウントへの送金)は、第二種資金移動業に限定して解禁予定であり、第二種移動業では、1週間以内の期間で定める基準日における履行保証金(≒顧客保有残高)を3営業日以内に供託、信託等の方法で保全することが義務付けられています。 この仕組みにより、そもそも第二種移動業は顧客資金の全額保全がなされていると言い得るのですが、基準日が週ごと、供託等の保全措置の履行まで若干のラグがあること、資金移動業者が万一破綻した場合に顧客への還付に最大半年ほどを要することから、賃金通貨払いの原則(労働基準法24条)に照らして銀行並みの支払い保証(万一の時にも即時に)をどう確保するかが労働政策審議会で議論されてきました。 去年の春には保証機関、保険会社等を介在させた保証スキームの構築によりこの論点をクリア可能との方針が打ち出されていたのですが(https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000770083.pdf 35頁)、労働法制の繊細さ故か、今回のタイミングまで議論が継続されてきました(https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000988916.pdf 43頁)。二つの資料を見比べれば分かるように、この一年半の間に具体的に追加された論点があるわけではないので、関係各所にきめ細かい説明を要したのだろうと思います。
89Picks
NORMAL