Picks
43フォロー
9199フォロワー
正解はないが、やり方はある。「いい組織」をつくるための思考法
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【具体事例】誰かの「困り事」をビジネスに昇華させるには
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
439Picks
【3分解説】世界でデータセンター投資が止まらない
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
472Picks
オムロン、国内外で2000人削減 中国向けFA不振 - 日本経済新聞
日本経済新聞
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
ワークマン、子供服200億円・肌着500億円の売上計画ぶち上げ
WWD JAPAN.com
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
ワークマンである必要性がどこにあるのか、既存の子供服市場におけるどういう課題にワークマンの強みをぶつけていくのか、というところが基本的にはこの事業単体でみた場合の成否を握るでしょう。 しかし、この事業展開の狙いとしてはインナーを充実させる事も含め、来店機会を増やしていくことにあるのかなと思います。 既存事業の伸び悩みが明確化している中で、新市場に出ることで既存の事業にとってのシナジーを生み出せるならば良いと思いますが、狙い通りに行くかどうかが鍵になりそうです。 リスクとしては、ここにも競合が少なくないことです。 ワークマンのオンラインショッピングのチャネルは貧弱であり、店舗展開を含めて郊外大型店での展開を中心にすることが一つの方向性なのかなと思います。ただ、果たして来店機会を増やせるだけの魅力を郊外のユニクロなどに対して確立できるでしょうか。そうなると、やはり機能性というところをどう訴求できるかになりますが、それがどのような子供服市場での課題解決になっているかであろうと言えます。 これらの打開策を打つ一方で、既存のカジュアル事業や作業服事業の衰退を防ぎ、成長をどのように確保するのかに注目したいです。
138Picks
【真相】「Farfetch」はなぜ、身売りに追い込まれたか
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
248Picks
トライアルHD、東証グロース上場へ 売上高10年で倍増
日本経済新聞
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
スノーピーク、非公開化へMBO 米ベインと500億円規模
日本経済新聞
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
580Picks
【グラフ解説】「freee vs マネーフォワード」の競争が激化中
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
828Picks
NORMAL