Picks
147フォロー
245フォロワー
時短営業応じない飲食店、都が命令へ…早ければ18日にも
読売新聞
小山田 裕哉編集者/ライター
読売新聞の記事によると、「感染再拡大に備え、解除後も飲食店への営業時間の短縮要請などは続け」るそうです。17日夜の首相発言より。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20210316-OYT1T50369/ びっくりしました。今回の緊急事態宣言の肝は、まさに飲食店への時短要請がメインだと思っていたし、そう説明されていたからです。それを続行するなら、緊急事態宣言を解除する意味はなんなんでしょうか? 補償を出さなくてよくなるとか? 全然わからないんですけど…。これはますますみんな従わなくなりますよ、常識的に考えて。 追記:首都圏はとりあえず「午後8時までの短縮要請について宣言解除後、午後9時までに緩和する方針」みたいです。 https://news.yahoo.co.jp/articles/c9805a286729f8e2dd60dbd22a29798139b6172d 思わず「なんだそりゃ!」と声が出ました。1時間だけ緩和すると、「気の緩み」にそなえることになるの? 感染拡大防止になるの? しかも、1時間の緩和にともない、「店舗ごとに1日4万円の協力金」になるそうです。え、「1時間2万円」の補償っていう計算だったの? 完全に「宣言を解除したい政府」vs「解除したくない首長」の構図が維持されています。その上で、互いにあとから「ほら、だから言ったでしょう」というためのアリバイ作りだけをしている。これで「なぜ言うことを聞かないのか」と問い詰められても、そりゃあ無理ですよ。この説明のどこに説得力があるのか、と。
228Picks
NORMAL