Picks
16フォロー
27430フォロワー
2023年の経常収支 20兆6295億円の黒字
TBS NEWS DIG
「TSMC熊本進出」のあまり語られない本当の理由
東洋経済オンライン
唐鎌 大輔株式会社みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
楽天証社長、年初の口座開設は約3倍「すごい勢い」-新NISA効果
Bloomberg
唐鎌 大輔株式会社みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト
旧NISA口座の23年9月時点の口座数は約2000万口座、買い付け額(2014年以降)に照らすと1口座あたりでは実は160万ちょっとです。成長投資枠と合わせて360万という上限がよく目にする数字ですが、実際は積み立て投資枠の上限120万を年間でつかいきる人も稀ではないかと察します。 日経報道では月間2000億円超のオルカンを筆頭する海外投信への流入が話題でしたが、2000万口座で割れば1口座で月2万円、年24万円です。つまり、まだアップサイドがかなりある話です。もちろん、これより今は多くなっているでしょうし、これからも多くなっていくと思うので、かねて心配してきた「家計の円売り」はいよいよ警戒した方が良いのかなと感じます。 このあたりの話は過去2年、色々な議論を私としては重ねてきたつもりで、政府・与党または霞が関においても勉強会を何度か差し上げた経緯もあります。とはいえ、運用機運を焚き付けるという優先順位が高かったということでしょうから、今のところは企図した通り、ということでしょうか。 家計が「円売り」に動くとき円安の本番が到来する 資産防衛としての「円から外貨へ」という必然 https://toyokeizai.net/articles/-/677793
459Picks
NORMAL