Picks
177フォロー
6475フォロワー
「増える独身」と「4割に迫る単身世帯」の実情とは
東洋経済オンライン
荒川 和久「結婚滅亡」著者 独身研究家
単身世帯が4割になったからといって別に社会全体が孤立社会になるわけではない。もしそうなら日本より単身世帯率が多い欧州はすでにそうなっているはずです。そもそも、結婚したところでいずれは配偶者との死別や子の独立で多くは一人に戻る。むしろ「一人で生きる」ことこそがデフォルトであるという視点の切り替えが求められていると思う。 「孤独の真因は、家族以外に頼れる存在がいないという点にある」とあるが、これは裏返せば、家族というもっとも最小単位の「所属するコミュニティ」しかもたないがゆえの唯一依存症のひとつ。介護殺人などは家族しか頼れるものがいないという唯一依存による悲劇です。 結婚や家族の有無に関係なく、時と場合に応じて人とつながる「接続するコミュニティ」の有無が大事なのであり、孤独を悪いもの、怖いものとして煽ることは本質ではない。孤独を感じることと孤独に苦しむことは別。 こういうこと書くと「人は一人では生きていけないのだから」という的外れなことを言い出す御仁もいるが、一人で生きることと一人ぼっちもまた別物。生きる以上誰かの世話やおかげで成り立つのは当たり前。しかし、それは決して誰かいつも一緒にいることで成り立つものではない。一人でも生きていける社会というのは、一人でも一人じゃない社会ということである。一人では生きられないなんて言う奴こそが、そいつが一人ぼっちであるという証明でもある。
33Picks
NORMAL