Picks
73フォロー
148フォロワー
【衝撃】ビジネスパーソンを虜にするランニング5つの魔力
NewsPicks編集部
佐藤 聡彦前ドイツ銀行 ヴァイスプレジデント 国際金融ストラテジスト(決済・フィンテック)
40歳を超えてから走り出した組です。健康診断の数値改善もありましたが、何よりメドックマラソンを走ってみたかったから。私の初レースになりました。 以降WMM(世界6大メジャー)を制覇するべく現在ボストンを除く5つまで走りました。当初は走る度に記録が伸びたので、40歳過ぎてからも成長する喜びを感じたものですが、現在は記録は頭打ちに。体調維持を目的に月間200kmを目標に走っています。当初はランニングのペースにあった音楽を聴きながらでしたが、現在はオーディオブックで本を聴きながら走っているので、一石二鳥かもしれません。 長く続くコツはランニングコミュニティに運よく参加できたこと。日々STRAVAというアプリに走ったルートを共有し励まし合っています。子どもより長く走れることが親の自慢でもありましたが、そのうち抜かれる喜びもあります。 以前読んだ記事で、ランニングブームが起こるのは、不景気の時。というのがありました。確かにリーマンショック以降にも盛り上がりがありましたが、今盛り上がっているなら今も不景気ということなのでしょう。 まあランニングシューズがあればどこでも運動ができてしまう(GPSウォッチで軌跡が残せる)ランニングは生活とは切り離せないものなのかもしれません。
1027Picks
NORMAL