Picks
8フォロー
14フォロワー
2030年、“持続可能な働き方”をするためには? 「社畜だった」常見陽平と、朝日新聞記者が語る
朝日新聞 2030 SDGs
木村 雄祐日系大手部品メーカー 貿易コンプライアンス・リスクマネジメントスペシャリスト&【自称】「しあわせ経営」アドバイザー
現職含めてSDGsが「建前と本音」に終始し、「自分や身の回りのこと」として捉えることができない状況が溢れかえっています。大まじめにやった結果がそれなのか、もしくは経営層含めて全く理解していないのか。もしかしたら経営層はSDGs理解したうえで、「こんなものが広まったら都合が悪い、社員がうるさくなったら面倒だ」と意図的に言葉だけを上滑りさせる状況を作っているのか… 個人的にはそれらが混ざり合って「ウォッシング」状態が蔓延しているように感じます。 例えばコロナ収束後もいつまたパンデミックが出るかわからないのに、しかも社員が多大なストレスを感じているのに、満員電車で「強制出社」させ続けることが「サステナブル」でしょうか?それも目的地はコストをひたすらケチった挙句、快適さとは程遠い狭いスペースに詰め込まれるだけのオフィスです。日本は薄利多売の大量生産で勝負できる状況はもはやないのに、こんな環境で、しかもストレスと不満で凝り固まった頭で、クリエイティブな仕事ができるでしょうか? 多くの社員はそんな世界しか知らず、それを「当たり前」と受け入れてしまっているのかもしれません。そして経営層もそんな組織の管理しか知らず、SDGsや「ビジネスと人権」も、「社員が余計な知恵を付けてうるさくなったらかなわん」ぐらいの感覚かもしれませんね。 個人的にはそんな状況が「日本の失われた30年」の元凶と考えていますが…。
4Picks
【松本杏奈】日本社会に足りないのは「希望」だと思うんです
NewsPicks編集部
木村 雄祐日系大手部品メーカー 貿易コンプライアンス・リスクマネジメントスペシャリスト&【自称】「しあわせ経営」アドバイザー
日本社会、確かに希望を持ちづらいです。というよりむしろ余計なことを考えさせず、選択肢も与えず、ただただ従順なロボットを大量生産するたけの社会だった、が実際のところでしょう。昭和・平成とそんな教育が続き、そして多くの古い日本企業もそんな気質を良しとし、それに従わないと潰される風潮が未だ根強いです。政治も社会もそんな組織を年功序列で出世した人達が牛耳っているので、「余計な波風」立てたくない、立てさせたくない、無難に逃げ切りたい人たちが本音なのでしょう。口だけDX、口だけダイバーシティもその一例ですし、その結果である「失われた30年」の中、多くの人達が陰鬱な閉塞感の中で下向き、内向き、後ろ向き、が日本の現状です。 マクロで社会を変えるのは大変ですが、一人一人が希望を持ち変わっていくことは十分できると最近感じています。世界を見ると躍動感あふれる経済や社会の変革も、働き方の激変も起きています。今は物理的に海外へ行くのが困難ですが、「世界を見る」ことで「井の中の蛙」から抜け出すことがまずは第一歩だと、最近は考えています。
1392Picks
NORMAL