ホーム
189フォロー
160フォロワー
なでしこジャパン、スペインに4-0圧勝! 盤石のGS3連勝で首位突破、ラウンド16の相手はA組2位ノルウェー
サッカーダイジェストWEB
Nishizaki YoshinobuC.E.Europa サッカースペインリーグ 2a RFEF 分析官
昨日はなでしこの見事な勝利でしたね。 コンパクトに意図された守備では、個々の意思決定が明確で強度が高く、さらにそれを90分間続けるハードワークは、スペインが戦術的な守備の穴を利用する余裕がなくなるほどでした。 一方スペインの攻撃としては、高度にトレーニングされたポジショニングとボール運びによってボールに触れさせずにビルドアップし、相手陣地に押し込んでゲームを支配したかったのですが、前述の日本の守備を突破するメンタルとアイデアに欠きました 日本は攻撃においても、各選手が与えられた役割を理解してその実行にコミットしており、平均的なプレー成功度は低いものの(パス成功率59%)、その狙いが成功した時にはビッグチャンスを生み出せるものだったので、根気よく繰り返した結果、比較的成功率の高いチャンスを作りました。 スペインの守備はというと、相手陣地に押し込む攻撃によってボールを失うポイントを自ゴールから遠ざけ、さらに奪われたボールに素早くプレスをかけることでカウンターの芽をつむ方法が機能しましたが(W杯予選は無失点で突破) 、今回は、後方スペースの攻防が発生した時に、守備陣が長い距離のスプリント競争と1対1の守備で負けるということが度々起きました。 これは現在のスペインでよく見られる敗戦パターンですが、彼らは勝敗だけでなくゲームスタイルに強いこだわりをもっていて、それを変えようという考え自体があまりない監督も多いです。 また現実的には、例えばなでしこ圧勝に見えた3-0の前半のデータでは、なでしこのゴール期待値が0.45、スペインが0.37と、統計的には0-0で折り返す確率の方が高かった内容となっており、チャンスをより確実にものにした方に軍配があがったと言えますし、うまく得点できたことが、その後のメンタルにも大きく影響を与えたように見えます。 確かに日本の決定力は素晴らしかった。 また、スペインがそのゲームスタイルを好む理由は様々ありますが、ざっくり言えば、 ・ボールを持っている方が楽しい ・守備より攻撃の方が楽しい ・そのためのテクニックと戦術は合理的で洗練されたものであり、美しい ・それが機能した時に完全に試合を支配できる ・そのサッカーで世界を席巻した成功体験 などです。 これには現在は課題もありますが、それを突破した時に再び世界を席巻する可能性も高いと思います。
117Picks
NORMAL