Picks
169フォロー
277フォロワー
【宮竹貴久】昆虫の「死んだふり」を研究し続ける男
NewsPicks編集部
青井 健悟村人 その2
しばらく読んでなかったシゴテツ。 ピック数も少なかったから、スルーしかけた。 タイトルに惹かれ、ちょっと読んだら面白く、 結局読み切ってしまった。ナイス記事。 人がやらないような、好奇心のままに 深ぼってる人や、仮説検証回してる人は面白い。 生存率50%は、 50%の確率で天敵を回避できるのと 子孫を2倍産み落とすのと変わらない。 みんな、得意な方法で生きてる。 人間にとって生き残るのが困難な時代だったら、 双子とか産まれる確率は高くなるんちゃうかと 想像してしまう。 長生きしやすくなってしまう時代において、 少子化は必然かもしれない。 因子なんて色々あるから、断言はできないけど、 1つの可能性の話としては実は本質的だったり。 会社でも忙しいフリをしてる人は、 上手く生き残ってはいても、仕事をもらえる機会 が少なくなり、リターンは減るよねと。 〉すると死にまねをせず動き回る系統は、14匹中9匹が食べられてしまいましたが、死にまねをする系統は、なんと14匹中13匹が生き残りました。 つまり、死にまねをすることには、天敵に襲われずに済むというメリットがあったということです。 〉すると動き回るオスは次々とメスに求愛して結果的に3~4匹のメスと交尾をしたのに対し、動かないオスは2匹と交尾をしただけ。 動かないオスはそもそも積極的にメスに近づかないので、メスがたまたま近くに来たときだけ求愛のチャンスが訪れたからです。
253Picks
【保存版】「ポスト資本主義」を読み解くための20冊
NewsPicks編集部
【斎藤幸平】なぜ今、Z世代は「左傾化」しているのか
NewsPicks編集部
青井 健悟村人 その2
この世界を自分ごととして俯瞰して思考する 賢いリーダーや研究者は既に具体案を持ってる。 この類のNP記事でも何度も良コメとして 挙がってるはず。 それを、多数の人々や政治が、理解、共感して 実行できるかだけだと思ってる。 資本主義と社会主義、どっちが良いではない。 何事も、前提条件ありきで結果を生む。 時代変化による前提条件が変われば、 過去に上手くいかなかったもの、 今、上手くいかなくなり始めてるものが、 上手くいくように変えられる。 ビジョンありきの、そのための手段。 で、ビジョンは例えば、 「①誰も取り残さない ②成果は報われること」 これを立てたとして、これらはトレードオフではない。 「みんなで貧しくなりましょう」も、 「少数の運が良かった人だけでも報われましょう」も違う。 そういう意味で日本を見た時、意外と、 世界の国々より相対的に、社会主義&資本主義の本質を ハイブリッドにできてる気もする。 とはいえ、資本主義の恩恵を過剰に受け過ぎてる人や 若い世代(に限らずか…)で辛い環境にいる人が いるのが現実。それは仕組みでバランス調整すべき。 デジタル化、多様な人が活躍できる環境、教育改革、、 レバレッジポイントは見えてるんだから、 政治に関わるムダな、私利私欲によるゴタゴタは 止めて頂いて、リソース最適化するだけでも、 改善余地はアリアリだと思う。
1894Picks
「驚く」ことが体験ネットワークを構築する
note(ノート)
青井 健悟村人 その2
最低限、親や教育者には一度は読んで欲しい。 頭が悪い× 体験ネットワークが欠如○ 最初のきっかけさえ作れれば、 あとは勝手に拡張されていく。 「答え」を詰め込む前に、 「問い」を、体験によって立てさせる。 好奇心の強さは、最強の無形資産だなぁと。 「〇〇やっちゃダメ!」「〇〇しなさい!」 こんなメッセージによって、それが削られる。 自分自身も、コンフォートゾーンを抜け出して、 未知の領域を体験せねばと思う。 〉観察してると「勉強のできる子」は、その言葉を聞く前にすでに知識のネットワークが準備されている。 〉私は、知識とは、知の織物「知織」だと考えている。他の知識と断絶した知識はない。たとえば「鉄」を理解するには、真夏の太陽に照らされた鉄は火傷するほど熱いといった体験や… 〉つまり、頭の良し悪しではない。新たな知識を受けとめるべき体験ネットワークが欠如してると、受けとめようがない。素通りしてしまう。勉強できる子も勉強の苦手な子も、新知識を受けとめられる体験ネットワークが欠如していれば、さっぱり理解できない 〉だから、大切なことは教えるよりも体験させること。不思議な思いに浸ること。不思議に思えば興味関心が湧き、観察し、その仕組みを知ろうとする。体験し尽くし、体験ネットワークができあがった時にそれぞれの結節点の名前を聞くと、一度で覚えてしまう。「ああ、あれはそんな名前だったのか!」 〉大切なのは、知識の量ではない。興味関心の強さ。興味関心が湧けば、無意識は自然に体験ネットワークを形成してくれる。そのネットワークさえできてしまえば、「なんだ、あの体験はこんな風に呼ばれてるのか」と、名前を結節点にあてはめていくだけ。大切なのは、知識を受けとめる体験ネットワーク。
11Picks
NORMAL