Picks
116フォロー
22037フォロワー
「セクシー田中さん」と芦原先生の悲劇を繰り返さないために、私たちが真剣に考えるべきこと(徳力基彦) - エキスパート
Yahoo!ニュース
ユニバーサル、TikTokから楽曲引き上げか 契約更新交渉決裂
www.afpbb.com
徳力 基彦note株式会社 noteプロデューサー/ブロガー
これは凄いニュースですね。 ユニバーサルミュージックとTikTokの契約が合意に至らず、1月31日でTikTokへのコンテンツの供給が停止されることになるようです。 詳細はユニバーサルミュージックが出したステートメントを読むと分かりますが、世界のアーティストやソングライターに呼びかける内容になっており、音楽業界に詳しい鈴木さんの投稿によると、ユニバーサルミュージック側が提起している問題点は主に下記の4つのようです。 ・アーティスト、ソングライターへの正当な対価を支払っていない ・AI生成による音楽を奨励して、クリエイターの収入を希釈化している ・権利侵害の対策を積極的にとっておらず、解決策も提示していない ・交渉の中で、より低い条件の提示をした TikTokでは動画を作成する際に、アーティストの公式音楽を利用できることが、TikTokの爆発的人気の一助になったのは間違いないと思いますが、TikTokの影響力が高まるにつれ、アーティスト側からするとTikTokで視聴される音源からの収入の低さが問題になってきたということでしょうか。 現在、世界の音楽のトレンドは間違いなくTikTokが発信源になっていますから、そこから音源を引き上げるのはユニバーサルミュージックにとっても相当なリスクになるはずですが。 他のレーベルがこの動きに同調するかどうかが大きな分岐点になりそうです。
58Picks
NORMAL