Picks
142フォロー
1340フォロワー
世界の小売り「レジ待ちなし」競争 無人決済が実用期に
日本経済新聞
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
【革命】アメリカのベジタリアンが、肉屋に「転身」する理由
NewsPicks編集部
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
497Picks
【休日に読む】この1本で「金融政策」がよくわかる
NewsPicks編集部
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1426Picks
中小企業融資「経営者保証」を制限へ 金融庁、23年から
日本経済新聞
【完全解説】世界を騒がす、イーロン・マスクの「頭の中」
NewsPicks編集部
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
気候変動対応、宇宙への進出という現代人類が直面する大きなテーマに真正面から取り組んでいる希代の起業家イーロン・マスク。テスラ・スペースXなどはこの文脈で、いわば人類の新しいテーマに対する挑戦である。 一方で、今回のTwitterは、言論と思想の自由と社会の在り方に対する挑戦です。いわば人類が有史から抱えている古いテーマに対する挑戦だ。 前者はいわばモノに対する挑戦で、後者はヒトに対する挑戦とも言える。 そのため、何かと本人の性格・資質が同時にスキャンダラスに取り立たされる状況での後者の挑戦は、相性が良いとは言えず、より大きな波紋と混乱を呼ぶだろう。 個人的には、彼のスキャンダラスな一面は置いておいて、今回の買収の真の目的に人類にとってプラスとなる側面があり、それが顕在化していくことを期待している(例:個人の情報アクセスと言論の自由を世界中に形成し、中央集権・ファシズムを瓦解させることで、ウクライナ・ロシア戦争を抑止させる 等) なお、Twitterのマネタイズにあたって、彼も公言していましたが、今後Twitterは、著名人・法人アカウントなどに課金する方向性にいきそうですね(今は無料のととてつもない効果的なPRツールになってます)
715Picks
スシロー、おとり広告で「信用失墜」し客離れ──それだけではない赤字の理由
ITmedia ビジネスオンライン
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
まず申し上げたいのはタイトルに「赤字」とありますが、これは明確な誤りで赤字ではありません。22年度3Qの営業利益は123億円(売上2119億円)で立派な黒字経営です。「赤字」⇒「減益」と修正すべきでしょう。 減益の理由は色々ありますが、ここにも記載のある通り、①売上減少(おとり広告)・②減損計上の2つに加えて、③有利買付効果の消滅があります。つまりコロナ禍で特別価格で食材を調達できていたのがなくなったということです。実はこの効果が40億円あり、減損計上よりもインパクトが大きいです(減損計上はキャッシュ流出ではないので財務上の心配はないのと、金額も32億円ありますが、京樽ブランドの減損9億円弱なども含まれており、国内スシロー事業だけに限れば17億円です。) やはり重要なのは①の売上減少で、そのことによる販管費率上昇が減益にも効いています。くら寿司・元気すし・かっぱ寿司などが夏以降全店既存店売上高を伸ばしていることを考えるとこの3ヶ月一人負けの状況になっていると言えます(スシローのお客さんが他社に流出している)。また、実はこの1件以来スシローは宣伝露出を完全に抑えており、悪印象による客足減だけでなく、集客・販促をしていないことによるプラス客足の取り逃がしの機会損失も大きな売上減要因の1つではないかと推察します。 このタイミングでの10月1日の値上げ。逆風ではありますが、重要なのは長期的にどうなのか、ということです。スシローの最大の価値である「うまい寿司を、腹いっぱい。」ここに向き合う限りにおいて、短期的な決算は下げるかもしれませんが、最終的には問題は時間と共に解決され、お客様も戻って来る未来が訪れるのではないでしょうか。応援しています。
166Picks
ウエルネスのD2Cスタートアップ、世界で台頭
日本経済新聞
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
103Picks
【新】行動遺伝学で解明。知能や学力は「生まれが9割」
NewsPicks編集部
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
人の人生は自分では決められないー。 「遺伝+共有環境+非共有環境」と表記されているが、つまりは、「遺伝+環境」である。つまり、生まれた瞬間は遺伝で決まり、そこから先の変化はすべて環境が決める。言い換えれば、そこに本人の「努力」とか「意志」というものはない、ということである。 いや、もちろん影響はあるのだが、自らの頑張りや努力、強い意志・信念などというもの自体、実は本人が素晴らしいから身に付けられたのではなく、そのような遺伝で生まれたか、そのような環境で育ったか、ということでしかないのだ(努力をすることの大切さを教わった、強い意志をもって取り組んだことで成功体験をさせてもらえる環境に育った 等)。 そう考えることができると、自らの幸運さに感謝できる。 自分が努力する人間であることも、自分の力などではなく、 遺伝の幸運と、親や先生・友人などの周りの環境に恵まれたからなのだと。 そして、その感謝をもって、自らがより良い環境の1人になろうと思える。 努力の大切さを伝え、意志の可能性を信じる人を増やしたいと思う。 戦争や貧困を減らし、1人でも多くの人が活躍しうる社会にしたいと願う。 そのような感謝の連鎖が、より良い人間社会と人類の発展につながるのではないか。 そう私は信じている。
1356Picks
NORMAL