Picks
137フォロー
1311フォロワー
オーケー、関西スーパーに買収提案 H2Oと争奪戦
日本経済新聞
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
積極的なチャレンジで6割のプレミアムも回収可能に感じる。 懸念点としては、価格競争。オーケーの強みのEDLPがどこまで関西価格に対応できるかに注目。関西の価格は、首都圏との比較で人件費・賃料が低い影響以上に、価格が低い。良し悪しはともかく、とにかく関西の消費者は価格感度が高く、結果価格競争が激しくなりがち。 実際に競争環境も、万代・ライフを筆頭に競合がひしめく中、ラム―・サンディ・コスモスなどの最強EDLP企業がガンガン攻勢をかけている(東京にはまだ彼らが居ない)。そこにロピアが圧倒的破壊力で上陸。まさに血で血を洗う価格競争レッドオーシャン。 おそらく、オーケーとしては時間を買う意味と、ロジスティクスも合わせて収益率を早期に確保するための策という感じだろう。 個人的には、価格競争によって関東で実現できている利益率(5~10%)は確保できないが、今の関西スーパーの1%強の利益率を3~4%程度まで押し上げる力は十分にあり(実際に関西スーパーの年商は20億円強に対してOKは40億円くらいある)、6割の買収プレミアムは割安だという意思決定に見える。700億円くらいの買収金額になるが、オーケーは経常利益で300億円以上稼いでいるので、おそらく経営としては失敗したところで金額ロスよりも、買収失敗時の機会ロス(直営で60店舗出すまでの時間)を考えたら断然GOという判断をしたのだろう。
235Picks
創業305年目のチャレンジ。コロナ禍のピンチをチャンスに変えた老舗和菓子屋のネット通販奮闘記
ネットショップ担当者フォーラム
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
115Picks
公開数も製作数も大幅減 コロナ後の映画業界はどうなる?
Forbes JAPAN
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
119Picks
【未来地図】いまのアフリカは、高度成長期の日本そっくりだ
NewsPicks編集部
松山 知弘焼肉特急株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1017Picks
NORMAL