Picks
60フォロー
8596フォロワー
【図解】エンジニアの宝庫、インド工科大って何だ?
NewsPicks編集部
Saitou KazuhiroU of Michigan 教授 (機械工学), 副学科長
IITもキャンパスによってかなり差がありますが、エイゴと基礎数学はできるので、メリケン大学院の先生にとっては大変助かります ただ、IT志向の学生さんが極端に多いのと、IIT以外のトップスクールも近年伸びてきたので、以前より見かけることが減ってきましたねぇ、ワタシの周りの学生さんの間では 20年位前は、ほぼ100%でした また、トップレベルの学士学生さんの、メリケン大学院への供給源としてのブランドは確立されてる一方で、大学院、特に博士課程の整備が中国に比べ遅れているのは否めませんねぇ 自国内での博士育成に力を入れてはいるようですが なかなか進まない理由の一つに、米国で博士を取った層が帰国して教職につく事が稀な事がありますねぇ、中国と違って ただ中国でもある時点まで稀だったので、今後変わっていくのかもしれません ビジネスマンが帰国するケースは増えているようなので 追記 あと記事にないのは、IITの学生さんは3年の夏休みに、欧米大で研究インターンをする事が多いですねぇ (キャンパス、学科によって必修なのかもです) 費用は受け入れ側の教授負担なのですが、教授側は将来の大学院生のリクルートに、学生さん側は勿論大学院出願時のレターと履歴書アイテムに、と双方のメリットになり得ます また優秀な学生さんは実際に役に立つ成果を挙げる事もありますねぇ 塩崎先生が仰るように、IITをフラッグシップとする印高等教育は究極の少数エリート主義なので、ニホンには当てはめにくい部分が多いのですが、コレは比較的容易に、政府のサポートも少額でコピーできるのではないですかねぇ (あ、受け入れ教授側の負担はタダにしないとちょっと難しいかもですが、トラックレコードがないので) 追記おわり
439Picks
NORMAL