Picks
857フォロー
745フォロワー
TSUTAYAはなぜ倒産しないのか…レンタル事業衰退でも業績堅調のワケ
ビジネスジャーナル
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
倒産はしないけど、中継ぎ、息継ぎ状態? Tポイントが、楽天やdocomoなど経済圏包囲網型のライバルが増える中で、提携を中心にどこまで耐えられるかがポイント思う。 個人的には20年近く前、某ゲーム会社でB2CのEC事業を立ち上げてメディア等でも少し注目され、そこそこ成功を収めていた時期にTSUTAYAオンラインさんからスカウトがあり、経営陣とお会いしていろいろとディスカッションをした。 当時の社長が私と兄弟かと思えるほどに良く似ていてお互いに笑えたのですが、話し込むほどに、メーカーの直販サイトとしてユーザー参加型のビジネスモデルを仕掛けていた私と、あくまでリテイルの立場からリアル店舗との連動がベースの彼らとのスタンスやアプローチの違いが浮き彫りとなり。 どっちが優れているとかではなく、置かれている立場、求められるものが異なると言うだけ。 結果的にそこにお世話になることは無かったですが、お互いに違う立場ながら、同じ業界でビジネスをするものとして、いろいろと情報交換、意見交換をさせていただき良い体験になりました。 その少し前、ギャザリングのビジネスモデルを模索されていた頼みコムさんとも意見交換をさせていただきました。 彼らの方がギャザリングによるユーザー参加型の商品開発ビジネスの立ち上げは先でしたが、「頼みコム」の名前通り、メーカーに何とかお願いしますよと頼み込んでユーザー参加型の商品開発を行っていた。彼らはメーカーでは無いので自ずと限界はある。完全オリジナルというより、廃盤の復刻とかがメインだったり。そこでメーカー直販でユーザー参加型の商品開発をやっているわれわれとの協業を打診された。 また、同時期、Amazon Japanが日本に進出して間もない頃にゲーム部門の責任者が訪ねて来られた。 Amazonって何?まだ楽天の方が名前が知れ始めていたとき、かなり苦戦されていたようです。彼はもともとゲーム業界にいたので土地勘はあったが、まだネットでパッケージゲームを買うユーザーは少なかった。 当時、アメリカ人の女社長がブイブイ言わしていて、厳しいノルマを課せられてヒイヒイ言ってました笑 われわれも「支店」を楽天市場とYahoo!に出店させていただいた。 特に楽天さんは「楽天大学」でいろいろと学ばせていただいた。 あの頃の楽天は良かった。 以上、日本のEC黎明期の昔話笑
736Picks
ニンテンドースイッチ後継機、2025年3月にも発売へ
日本経済新聞
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
家庭用ゲームハードの5年周期説と言うのが昔はありました。それが7年から8年ぐらいに伸びて今に至る。 いまはハードウェアだけでなく、ネットワーク連携でオンラインでアップデートもしやすいのと、PCやスマホ、タブレットなどのライバルのプラットフォームも多いので、コロコロとハードを入れ替えるわけにもいかない。ゲーム専用プラットフォームの莫大な投資の回収が必要だから。その分、UI、操作性などはゲーム特化で抜群ですが。 15年ぐらい前?ソシャゲーが隆盛したころ、家庭用ゲームハードのオワコン説が流れましたが、そんなことは無いですよ。実際に起きてないし。物事の本質がわかってない人たちがすぐに新しいものが出てくると極端に振れる。 当時、イケイケだったGREEの田中さんが東京ゲームショウの講演で「任天堂、SONY怖く無い。ぶっ潰してやる!」とぶち上げたのをリアルで聞いていて、ああ、やってしまった。わかってない。と感じたら、真逆の結果に。。 要するに、プラットフォームはあくまで流通であって、中身の商品がダメなら意味がないと言うこと。そこを勘違いしてしまったのか? 家庭用ゲームハードは任天堂はマリオクラブと言う社内のゲーム評価機関のOKをもらわないと発売できない仕組みを世界に先駆けて導入し、SCEも真似をした。いずれも担当部門の方と直接お話ししたことあります。私も某ゲーム会社で似たような仕組みを模索していた時期だったので。 若くして一気に成功してしまうと、勘違いも起こしやすいでしょうね。 グリーは一体どこから道を間違え始めたのかという知られざる歴史まとめ https://gigazine.net/news/20120326-gree-diamond/ ただ、いまのスマホゲームの市場の土台を作ったかも知れない点では私は評価してます。
601Picks
ドンキ、ほとんど「革靴」なスニーカーが大ヒット 軽くて疲れにくいビジネスシューズが誕生した背景
ITmedia ビジネスオンライン
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
ドンキは「攻めてる」感じの商品開発がウリですが、たまに攻めすぎやどこがどこまで攻めてるのかがわからない担当者自己満足的な商品もありますが、まあ、面白い企業です。 要は、商品開発の基本として、どこをどう攻めるか?既存製品、競合商品とどこが違うのか?顧客のニーズ(顕在的だけではなく潜在的含めて) に合っているのか? あたりを外さない上で、いかにドンキらしさを追求できるかでしょうね。 革靴、特に革のビジネスシューズは、 ・革が硬い →すぐに靴擦れして痛い。履き慣れた頃には足に傷や豆だらけ ・クソ重い →ソールもですが、とにかく硬くて重い。クソ重いわりにソールがよく減る ・デザインがフォーマル過ぎて、スーツ以外に合わせにくい →近年はスーツ着ない人が増えて、ビジネスカジュアルでも行けるものが増えて来たが 軽さは正義です。 軽くて丈夫で、デザインや使い勝手良いなら万人受けしやすい。 > 軽量かつ伸縮性の高い合成皮革をアッパー(靴の底を除いた上の部分)に使用。靴底は軽くて弾力のあるEVA素材としている。EVA素材は樹脂素材の一種で、サンダルや長靴などによく使われている。こうした工夫で、一般的なビジネスシューズより軽い261グラムを実現した(Mサイズ、片足の重量)。月足氏は「一般的なビジネスシューズは400~500グラム、一般的なスニーカーは300~350グラムです。履いた瞬間に『軽い』と感じてもらえるように、スニーカーより軽くしました」と説明する。 ただ、ランニングシューズはもっと軽くて200g前後から重くて200g台後半ですけどね笑 私は311で帰宅難民化して青梅街道を20キロ以上歩いた経験から、ビジネスバッグとクソ重いビジネスシューズはやめました。両手フリーでバランス良く、長距離歩いても疲れない組み合わせ。 以来、2、3年前までは背中に背負うビジネス系のリュックとウォーキングシューズ的なビジネスシューズの組み合わせ。 最近はバッグは革製のトートバッグがメインですが。 いま、下駄箱にはその手のシューズとランニングシューズとロードバイクのビンディングシューズしか入ってないかも。 あと、スーツは持ってるがたまにしか着ない。ジャケットにパンツ、真冬でもネクタイしない、で長らく通してます。
394Picks
共和党候補選び、トランプ氏が5連勝 ヘイリー氏の地元も制す
毎日新聞
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
私は前回の大統領選では、トランプ氏が続投すべきと言う立場でしばしばコメントしていました。 理由は、民主党、バイデン氏は当時の世界情勢の難局を乗り切ることが難しい(特に対中、対ロシア)と考えたからです。 実際にウクライナを虎視眈々と狙っていたプーチンが、民主党、バイデン与し易しと考えたのか、一気にウクライナ侵攻に至りました。 私の予想通りの結果です。 以前から何度も書いてますが、 プーチン=武闘派ヤクザ 習近平=ビジネスヤクザ です。 そんな面倒な独裁者に上手く歯止めを掛けられるのはトランプ氏しかいないと。プーチンも最近のコメントで「トランプは予測できない」と。苦手なタイプなのでしょう。 米国大統領→トランプ=西側の番長 だったのだから。 バイデン=学級委員長 タイプなので、完全に舐められてます。 政治的なイデオロギーを軸に政治を語る人が多いですが、私はイデオロギーよりもその政治家が実際に「何をやれるかどうか?」を重視します。 日本でも民主党が政権を取った時に、私は誤った選択を国民がしてしまったと感じました。当時の民主党には政権担当の能力も経験も気構えも準備も出来ていなかったからです。 企業経営も同じくですが、担いだ人が失敗するのは、不適格だったり、その時の情勢や環境に適してないから。選ぶ方にも責任がある。 一方で、今は状況が異なります。 ここでトランプ氏が大統領選に勝利してウクライナを見捨てることになると、西側諸国の結束、民主主義の信頼が大きく損なわれる可能性がある。 ただ、民主党にその重責を果たせる候補者がいるかと言うと?? 非常に悩ましい事実です。 私はバイデン氏以上に岸田さんにダメ出しし続け、当選直後から「日本は失われた四年を迎える」と書き続けましたが、日本も深刻な人材不足。 さらに、悩ましい事実です。 早く交代して欲しいのですが。。
355Picks
「国外避難か戦うか2択」 難民がミャンマーの現状語る
共同通信
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
もともとミャンマーは技能実習生の失踪比率No. 1の国です。技能実習生の数自体はベトナムや中国が多いですが。 技能実習生の失踪の主な原因としめ、受入企業の酷使やパワハラ、違法就労など受入企業側の問題の他に、単により高い給料をもらうため、より長く日本で働きたいなど本人側の都合の理由があります。 あとは、国別ではベトナムやカンボジアなど送り出し機関の手数料が高過ぎて、返済が苦しいとかもありますが、仮に70万円の借金を背負ったとしても、毎月8万円ぐらいの仕送りをしながら、2年ぐらいで返済できる。 ミャンマーの場合、背景には政治的な不安定さと貧しさがあるので、海外で暮らしたい、なるべく長く、多く稼ぎたい。 そこに付け込んだブローカーが手引きして、技能実習生を来日後、短期間で実習先から失踪させる。適当な理由を付けて。 その後、難民申請と特定活動と言うほぼ縛りなく就労可能なビザを取得させ、就職先を紹介する。こんな感じで来日前から仕組まれていたりする。 私がコロナ禍初期に面談したミャンマー人もこのパターン。職場で「他の国の人たちと差別された」と言う理由で、5人で大量失踪→難民申請+特定活動で病院で看護補助者として働いていた。技能実習生は最低賃金で転職不可のところ、特定活動は制限無し。 転職先を紹介してほしいとのことでしたが、いろいろ聞いていて怪しいのでサポートをやめました。 こう言うことが以前から常態化していました。あくまでミャンマー人の一部ですが。 そこに、今回の軍事政権による徴兵制の導入→出国騒ぎ。 仕事柄、現地の提携代理店などからいろいろと情報も入ってきますが、反発が大きいので軍政権も多少の緩和、見直しはするようです。 ただ、いずれにしても徴兵制の導入は避けられないので、いろいろな手段で海外へ出国したいミャンマー人は後をたたないでしょう。 そこに付け込むブローカーの暗躍も活発化する?以前よりも難民申請しやすくなったと判断して。と言っても日本は難民受入れは基本的にやらないので難民認定率は1%以下、ほとんど認めませんが。
15Picks
NORMAL