Picks
447フォロー
800フォロワー
【独自取材】識者の視点から見えてきたユーザベースTOBの背景
note(ノート)
早船 明夫企業データが使えるノート 運営 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
【好調】Sansanの決算を「5つのポイント」でさくっと理解する
NewsPicks編集部
早船 明夫企業データが使えるノート 運営 代表取締役
Sansanの売上高マルチプルは現在6倍程度と低くはないものの、freeeやラクスといった企業は10倍を超えており、平均的な評価に留まっています。 名刺管理の「Sansan」は国内でも数少ない単一サービスでARR100億円を越えた点は驚異的ですが、やはりこの数年で30%台の成長から足元では18%への安定成長となっています。 freeeやマネーフォワードなどのプロダクトは対象企業数も膨大であり、会計に加え、労務、人事、電子契約、決済、カードなどさまざまなサービスを付加していくことで顧客単価を上げやすい一方で、名刺管理サービスだけではどうしても成長力が限られるという見方がマルチプルの背景にありそうです。 今回の決算から「名刺管理」というタグから「営業DX」というブランディングに変えているのも、複合的な価値提供を通じてTAMを広げたい狙いが見受けられます。 一方で、請求書管理サービスの「Bill One」は流石Sansanとも言うべきロケット立ち上げをきめてきました。 ARR14億円はグロース市場であれば上場出来てしまう規模で、これをローンチから2年で作れてしまう点にSaaS事業者としてのSansanの凄みがあります。 同社の強みはやはり「アナログ情報のデジタル化」であり、名刺で培ったOCRやオペレーションを請求書にも転用し、強力な営業チームをつくれたことが成功の要因だと考えられます。 世の中にはまだ契約書や、受発注書などの伝票、Faxなど、アナログは根強く残っており、こういったものに対してもSansanが価値提供できる余地はまだまだ大きそうです。
553Picks
NORMAL