Picks
304フォロー
3156フォロワー
“金融界の鬼才”が『教育』に取り組む理由
NewsPicks Studios
小川 高子パナリット株式会社 CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
351Picks
高校生ディベート選手権【前編】
NewsPicks
小川 高子パナリット株式会社 CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
393Picks
【無料イベント】そろそろオフィスの「正解」を出そう。
小川 高子パナリット株式会社 CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
218Picks
【衝撃】次のSHEIN?「越境倉庫」戦略がすごい!
NewsPicks編集部
小川 高子パナリット株式会社 CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
368Picks
ウクライナ戦争で台頭する「顔認識」 米新興企業が手掛ける“ヤバすぎる”サービスとは
ITmedia ビジネスオンライン
小川 高子パナリット株式会社 CEO
技術が倫理的にグレーゾーンであるということを一旦棚に上げてコメントすると、戦地での死亡者の顔認識を行いその遺族に通知を送るという技術の利用法は価値あるものだと思わずにはいられない。 つい先日、海外メディアのニュースで、戦地で無くなったロシア兵は(ロスの隠蔽のため)回収されることなく、戦地で腐敗していくという記事を読み、なんて痛ましい事だろうと暗い気分になった。 ロシアのした事を肯定するつもりは全くないが、戦争は前線にいる兵士たちが起こした訳ではないと思うと、死者とその遺族に事実は伝わって欲しいと願う。 "ではウクライナ政府はどのようにこの顔認識サービスを活用しているのか。例えば、ウクライナ領内で戦闘中に死亡して遺棄されたロシア軍兵士がいたとする。その兵士の遺体の顔をスマホで撮影し、アプリを通じた「顔認識」で人物を特定するのだ。  同社のDBはロシア最大のSNSサービスで「ロシア版フェイスブック」と呼ばれる「VKontakte」(VK、フコンタクテ)を基に構築されているため、今度はその死亡した兵士とSNS上でつながっている両親や友人と思しき人物に対して、VKを通じて「ウクライナの〇〇(地名)に遺体がありますので、戦争が終わったら引き取りに来てください」と連絡するのだ。"
183Picks
【変革】知財戦略を制するものが新市場を創る
NewsPicksトピックス
小川 高子パナリット株式会社 CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL