Picks
108フォロー
2993フォロワー
中国で国内旅行ブーム、コロナが終わっても日本に「爆買い」は戻ってこない?
Diamond Online
濱野 智成TREND EXPRESS 代表取締役社長|中国ビジネス専門家
断言できますが、爆買いは戻ってきます。 というか、「戻る」というより、「今でも続いている」といってもいいでしょう。 爆買いの解像度を上げていくと、以下の理由が上げられます。 1.爆買いの実態は純粋旅行者ではなくバイヤーや代理購買が多いこと 2.そのバイヤーの販売先の需要が落ちていないこと(ここ2〜3ヶ月はロックダウンの影響で落ちていますが短期的) 3.旅行者が体験消費重視型に移行しても、買い物自体が体験消費なので必ずお土産や日本限定品などを中心に買い物需要は高いこと(日本人もハワイや欧米でブランド物とかご当地ものを買いますよね) さらには、地方都市在住者や初めての海外旅行者の市場が莫大にあり、その層はモノ消費(爆買い)欲も旺盛です。 つまり、体験消費重視型に移行することは間違いないトレンドですが、相対的に買い物消費が落ちる理由にはならないということです。 1月に当社で実施した調査でも体験消費とモノ消費(爆買い)の両輪需要は明らかです。 https://www.trendexpress.jp/news/20220127/ むしろ、日本の魅力や日本の製品の魅力が減退することの方がリスクであり、日本の限られた資源や資産を発信していかなければいけません。 爆買いはインバウンドなき今も形を越境ECに変えて存在しますし、インバウンドが戻ればより活性化します。 もちろん、モノ消費だけでなく、体験消費の魅力も重視して、観光を基軸にした日本ブランドのエコシステム確立がとても大事な国策だと思います。
69Picks
米SaaS企業HubSpotが学んだ15の教訓とは?
PR: HubSpot | Forbes JAPAN
【気軽に読む】今、最も面白い中国の「消費ブランド15選」
NewsPicks編集部
濱野 智成TREND EXPRESS 代表取締役社長|中国ビジネス専門家
取材協力させていただきました。 高口さん、いつもありがとうございます。 中国ブランドが伸びている理由として、以下の3つの背景があると思います。 ① 消費力豊かなZ世代の台頭 中国では2018年頃から消費の中心層がZ世代に変わった。Z世代層は両親のそのまた両親の財源や資産が集まる「6ポケッツ」と呼ばれ、圧倒的な消費力がある。ブランドの出身地域を問わず、個性や自分らしさを表現できる商品を好むZ世代にうまく刺さったブランドが、人気を得ている。 ② 品質やブランディングの洗練化 品質の向上に加えて、ブランディングも洗練されてきた。人気ブランドはZ世代にアプローチしている。化粧品ブランド「パーフェクトダイアリー」は、自己表現欲求を突いて、気に入った動物を選択できる「動物アイシャドウ」を開発して大人気に。世界的にも有名なアパレルブランド「SHEIN」は、Z世代のトレンドからの商品開発や話題作りにこだわっている。 ③ 「国潮」ブームと 「強い中国」への自信 中国の伝統文化や老舗ブランドを再評価するトレンド「国潮」も、Z世代を中心に盛り上がった。GDPの成長やテクノロジーの先進的進化とともに、「強い中国」への自信が湧き上がり、中国国産ブランドを後押ししている。 中国で勢いのあるブランドを抽出しておりますので、ぜひご覧ください。
929Picks
【必読】ニュースでよく聞く「共同富裕」って何だ?
NewsPicks編集部
NORMAL