Picks
55フォロー
7620フォロワー
【匿名座談会】私はこうして、ストックオプション長者になった
NewsPicks編集部
シバタ アキラ株式会社Qosmo COO
日本のスタートアップによくある「スタートアップだから給料は安い、けれど楽しい仕事ができる」とオプションなしで人を採用し、早期に上場して創業者とごく一握りの人たちだけが儲かるようなやり方は、「搾取」に近いいいレベルだと思います。 アメリカでは未上々企業に加われば、後になるほど株数は減りますが、ほとんどの社員が入社時にストックオプションを手にするケースが多いです。クリフやべスティングは当然ついていますが、それが在籍し続けみんなで会社の価値を上げるための社員のモチベーションアップに繋がっています。トップパフォーマーには追加でオプションが付与され、さらにインセンティブが増やされることもあります。会社を辞めたとしても、ベスティングが終わり、行使した分を持っていけるのは当然の報いと考えられます。ユニコーンになるスタートアップは一部ですが、なった場合には非常に多くの社員が1千万円規模の収入を得ることができます。 日本の場合、そもそも社員にオプションが付与されることが少ないですし、持っていても会社が小さな規模で上場してしまうことが多すぎて、末端の社員が金持ちになるケースは少ないです。M&Aの場合はオプションが消滅したりすることもあり、社員レベルではストックオプションを重視しない人がほとんどです。日本のスタートアップにおけるキャピタルゲインは創業者とベンチャーキャピタルに大きく偏っていて、SOによって健全なモチベーションを生み出す循環はまだほとんど生まれていないと感じます。 SOによって大金を手にする人が増えるのはスタートアップに人材の流れを作る上で非常に重要だと思います。日本には税制適格SOの仕組みがあり、行使時の所得税を抑えられるのはポジティブです。
736Picks
フェイスブック内部告発者がぶちまけた「深すぎる闇」 彼女は何を語ったのか?
クーリエ・ジャポン
シバタ アキラ株式会社Qosmo COO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
396Picks
NORMAL