Picks
86フォロー
5992フォロワー
「クリプトの冬」はいつ終わる? 15億ドルのWeb3ファンドのキーマンに聞いた
Coral Capital
「情報I」公立高校で免許持たずに指導の教員 全国800人近くに
NHKニュース
竹村 詠美一般社団法人 FutureEdu 代表理事
免許があるなしが、指導者のどのような質の違いになるのかといった点が明らかになって欲しいですね。 また、個人的には情報Iのカリキュラムが文部科学省の研修資料だけ見るとかなりつまらなさそうに見えるので、実際には総合や公民などの社会課題と紐づけた授業作りといったことが進められているようですが、そういった授業設計力や先生方の協力体制をつくっていくのかといったことが、免許以上に重要なのではないかと思います。プログラミング自体が好きという子どもはかなり限定的なので、生徒さん達が関連性を見出して取り組めるようにしないと、かなり成績の格差が出てしまうのではないかというのが心配です。 ちなみにアメリカの高校では、このように全体観、法規制、プログラミング、コミュニケーションと総合的にカバーするクラスというのは見たことがないのですが、広く浅く情報の教養を身につけましょうというのはとても日本らしいアプローチですね。 個人的には以下のような点が情報の科目でどう捉えられていくのかなぁと心配です、1)情報と1くくりにするには範囲が広いので、一定の分野の深掘りができない部分を、AIなど一定分野に興味のある生徒はどう補えるのか?、2)ノーコードの時代に本当に全員が言語をかけたほうが良いのか?、3)プログラミング言語にも流行り廃りがある中、カリキュラムの改訂スピードは追いつけるのか?4)高校1年生の履修が多そうということを別の記事で読みましたが、数学が苦手な子にはかなりプログラミングは厳しそうなので、そこの前提知識の最低ラインをどう担保してあげるのか? おそらくオンラインの自由深度型のレッスンなどと併用する形で数学の基礎スキルなどをカバーするのかなと想像しますが、今年どの様な状況で一年終えるのか気になります。
21Picks
NORMAL