Picks
40フォロー
835フォロワー
「中国のテスラ」NIOがEV向け固体電池を発表 早ければ2022年にも実用化
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【超入門】2021年最大のテーマ、「脱炭素」を学ぶ
NewsPicks編集部
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
もっと車の総量を減らす議論もするべきだと思います。例えばシンガポールは購入時の登録税を本体価格の100%以上にすることによって、車の総量を規制しています。そうすれば、車の総量が減るだけでなく、上がった税金で公共交通機関を強化したり、様々なCO2対策ができるかと思います。そして渋滞も減らすことにより、燃費も改善されて、よりエネルギー効率が良くなると思います。 自動車メーカーは販売台数が減りますが、同時にMaaSのサービスを徐々に増強することによって埋め合わせることも可能かと思います。 今の交通量のままEVに変えたら今度は電気の需要が大きく膨らみ、問題点を別のところに移しただけになる可能性もあります。合わせて、都市として公共交通やパーソナルモビリティ、小規模地区の多機能集積などを強化することによって、移動量の最適化を行って車自体の総量を2035年までに〇〇台まで減らします!と宣言をしてもいいと思います。 今リモートワークが拡大する中、交通量を減らすことの可能性は多く見えてきていると思います。東京は特に時間による人口密度の変化が大き過ぎて、色々なエネルギーの非効率があるかと思います。そう言った無駄をなくすところにも同時に注力しなければ、達成できる課題ではないと思います。
4094Picks
今年注目の「宇宙関連イベント」、トム・クルーズは地球外撮影へ
Forbes JAPAN
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
123Picks
NORMAL