Picks
33フォロー
53フォロワー
【書く技術】接続詞「4タイプ10種類」で文章を速く、わかりやすく
NewsPicks編集部
澤田 彩希Aalto university master student
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
6185Picks
【読書】脳科学で解き明かす「幸福」の正体
NewsPicks編集部
澤田 彩希Aalto university master student
都市計画は、セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福を維持しやすい環境作りに貢献出来る、重要な分野だと思う。 オキシトシン的幸福は他者との交流や関係によって生まれる幸福。 共同体、コミュニティが崩壊している現代社会で、新しいコミュニティのあり方や誘発装置となる空間・サービスをデザインする必要がある。それは住宅が囲う美しい中庭であったり、シェアハウスのリビングだったりする。 セロトニン的幸福は、良い体調を維持する幸福。 朝起きて朝日を浴び、風を顔に感じ、窓から見える景色に導かれて朝散歩を15分すると、セロトニンが活発に分泌され「体調が良い」「気分が良い」と感じられる。だから景観を考慮し、自然光が入り換気しやすい住宅と、散歩を誘発するパブリックスペースのデザインが重要だと思う。 セロトニンが下がると鬱になりやすくなる、というのはアリの巣のような都市空間で長時間労働して過労死・絶望死している人々の住環境を考えると納得出来る。 ドーパミン的幸福を得るサービスやビジネスに溢れかえっているように感じる。人々は長続きしないけど簡単に快感と興奮を得る為にあらゆる商品を消費し、麻薬浸けのような生活をしているように見える。魅力的なマーケティングに踊らされて、行き過ぎた資本主義の餌食になる。魅力的なドーパミン的幸福を利用するビジネスに、多額な課税をして欲しい。
2537Picks
NORMAL