Picks
295フォロー
5376フォロワー
【原作者の提言】今こそ、#MeTooを映画業界から広げよう
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
先日、代表を務める組織で性教育研修を受けました。 子ども関係の仕事も多いなかで子どもに対してもコミュニケーションのなかで気をつけなければいけないこと 小学生未満であったとしても本人との言語、非言語双方に留意した合意形成のうえでのスキンシップや声かけが重要であること それができる環境づくりのような内容でした。 おおむね納得の内容である一方で 「合意形成」とは性的な関係にとどまらず非常に誤解も多いコミュニケーションだとも思いました。 例えば過去に遡って「あの時は雰囲気で合意してしまったが、本意ではなかった」 という話が出てきたときにそれに対して実際にどうだったのかジャッジを下すことはとても難しい。 ハラスメント研修などでも思いますが、ある程度組織の中での上下関係がある場合に、「上に立つものは下のものに対して個人的なコミュニケーションは一切とらない」 というのがリスク管理的には正解。となりかねない。 しかし、地域活動のように物理的に近く、長い関係性においては、 複数の組織でそれぞれが上下関係であったり、同等であったり、組織によっては上下が逆転するなどのことも日常茶飯事です。 エンタメ業界も多少関わっていましたが、それはそれで狭い世界なので関係性は流動的であって固定的なものではないとおもいます。 そしてもう一つコミュニケーションは深めれば深めるほどお互いに傷つけあい、それを乗り越えることでさらに深い関係性になることも多い。 長く続いていたものが途切れてまた復活することもある。 夫婦関係、親子関係に例えてみれば、お互いに傷つけ合わない家族などむしろ家族といえるのか?と思うところでもあります。 それが故に、表に出てこなかった、あるいは表に出ても相手にされない、二次被害に遭う。 そういう観点はいましっかりと社会に定着させていきつつも これから社会を担う若い世代にとって、特に性愛を含むコミュニケーションをどのようにとっていくのか なかなか難しい課題だと感じます。 そして文学も映画もそのあたりの合理性を超えた、非現実的で信じがたいものが奇跡のように生まれたり消えたりする この世界の不思議さを教えてくれるものでもあります。
99Picks
男性を苦しめる「男らしさ」の呪縛調査でわかった、暴力とメンタルヘルスの意外なつながり
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
【超解説】結局いま、何を学べばいいの?
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
先日、NPO内の役員研修で「コミュニケーションとは何か?」 という対話型のワークがあっていろんな見方が出たのですが、 私自身で考えてみると実は仕事の時間の多くは人間以外の生き物とのコミュニケーションが多いなと気づきました。 野菜作りに関わる植物はもちろんなのですが、動物も飼っているし、害虫害獣、病原菌、目に見えない土壌微生物とも、 相手を観察し、言葉ではない情報を受けとって、リアクションをとり、結果的に野菜がよく育つ環境づくりができるようにまさに culture(耕す)だななどと思いながら。 農業を初めて人間以外の生物や環境とのコミュニケーションを15年ほどがっつりやってきたことで 言語によるコミュニケーション以外のところに、より生命に関わる本質的な何かがあるという実感を持つようになりました。 おそらく50年前ぐらい前の人たちは今ほどさまざまなものが自動化、便利化されていないがゆえに、 人間以外との非言語コミュニケーション機会が今よりもずっと多かったでしょう。 過去の知や教養を向き合うときもその当時の人たちから見えていた人とか社会とか食とか命とか自然環境のあり方は 今とは違うものだったのだろうと想像しながら読むようになって、また少し世界が広がったようにおもいます。
3644Picks
【実践】大人になってから「新しい友達」をつくる方法
NewsPicks編集部
【解明】「昔はよかった」「最近の若者はダメ」論のウソと謎
NewsPicksパブリッシング
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
90年代に私が10代を生きていた頃 70年代カルチャーに惹かれて「当時の混沌とエネルギーに比べて現在はなんとのっぺりして退屈なんだろう」 と思っていました。しかし実際は時代が楽しくないのではなく、自分がつまらない生き方をしていただけw それから2周ぐらいまわって80年代、90年代の面白さを語る若者と出会ったりして思うのは 「今は今なりに振り返って魅力的と思えることを見つけて楽しもう」 ということです。 一緒に事業をやっている大学生たち(しかもコロナ下観光、ゲストハウス運営というイタイ事業)には 「多分皆さんは世界的にコロナ世代、とか呼ばれることになると思うけど、コロナ世代ってどんな世代?って振り返った時に面白く語れる実体験ネタをいっぱい仕込んでおくといいと思うよ」 と言っています。 そんななかで、1人のメンバーが新卒で地元スナックを買い取って起業。 https://mainichi.jp/articles/20220322/k00/00m/040/351000c 案の定、各種メディアから注目され 開業早々、松岡修造さんが来店して対談 先日はNHKニュースウオッチ9でアナウンサーが生中継、つい先日は「おはよう日本」で紹介w 世代を超える新しいカルチャーが生まれる予兆を勝手に感じて楽しんでいます。
523Picks
【格差】男女が対立。世界一激しい“#MeToo”が起きた事情
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
地域で長く存在している公的な団体の多くが基本的にはボーイズクラブであり、それが長じて長老政治となっています。私はよそ者として今の地域にやってきてローカルビジネスをやっているので、そうしたクラブには積極的に参加して、いわゆるホモソーシャル的コミュニケーションに加わることで実際に事業が実現していったことは数多くあります。(正直それはとても楽しく心強いことでありました) 一方で実際に私が関わっている事業には子育て関係も多く、ガールズクラブのなかの一人男性的な場も多くあります。こちらは、正直ボーイズクラブよりは私にとって緊張感のある場であり、その場での言動については十分に注意が必要であると感じています。 狭い地域でこのパラレルワールドを行ったり来たりしながら仕事をしていますが、ここ2,3年で徐々にしかし確実にミックスは進んでいます。 男ばかり、女ばかりということも少なくなり、歴史ある青年部の部長に女性がなったりもしています。 ここからはいろんな意見があるところで、男性の立場では発言しづらい点でもあるのですが。 徐々にミックスが進んでいる状態のときにはひとまず強い対立構造は棚上げして、今起きている良きことにメンバーの目を向けていくことで結果的にギャップは埋まっていくと私は思っています。 韓国の大統領選のように揺り戻しがあり、まさかの「反フェミ」を掲げて大統領になるというような対立構造が生まれてしまうと、おそらく地域社会はいろんなことが停滞してしまいます。 もちろん反省すべき点は反省し、いままでのように立場であぐらをかくようなことは積極的に戒め、何かを決定する場が男性だけで占められるようなことは避けていくことは着実に進めながらです。 日本社会は良くも悪くも議論慣れしていません。(私は良い点も多々あると思っています) 議論をしながら是々非々で社会をかじ取りしていく力は徐々につけていきながらも、フェミニズムをめぐる議論や実践を「対立」ではなく建設的に進められればと思います。 しかし、こうした苛烈な対立や怒りを隠さない姿勢が今の韓国の活力の源泉でもあるのだろうなと思います。 日本のなあなあ、なし崩し的なコミュニケーションの居心地が悪いと感じる人の力をどのように地域社会が受け止められるかは結構重要でもあるし渦中の栗を拾う覚悟も必要なのでしょう。
310Picks
吉野家「生娘をシャブ漬け戦略」抗議した受講生が詳細語る。「教室で笑い起きた」
Business Insider Japan
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
この1件で吉野家は大変な打撃を受けることになり 受講生が記事内で触れているように大学としても 「二度と教育の場でこういう発言が起こらないよう再発防止策を徹底」 ということになるのかと思います。 しかし、「再発防止策の徹底」というのを広く多くの人に課そうとした場合にはおそらく人権意識の啓発ということ以上に NGワードの徹底、講義内容の事前提出とチェック、講義の録音とその中で不適切表現がなかったかの第三者(コンプラ委員みたいな)による確認と指導 ということになるのではないかと思います。 深い意味においては高等教育や研究の場においてはある種治外法権的に様々な可能性を検証し議論を交わすべきであって、NGワードが出ないようにする教育現場であるのであればyoutubeでも見ていれば十分なのではないかと思ってしまいます。 一方でたった一言で企業価値を毀損してしまうようなことがあると特に大きなブランドにとってはたまったものではないので 自主的に徹底されるのだろうと思います。 NGを排しあらゆる可能性を検証し、真に交わすべき議論や情報共有は公的な場ではどんどん難しくなっていくのだなと感じた次第です。 プライベートで強固な人間関係がない場でのコミュニケーションは画一化をさけられないでしょう。 誤解がないように 当の発言を正当化したいわけではまったくありません。 ただ 大学生たちと一緒に事業をやっていると彼らの「おとなしい真面目さ」にちょっともったいなさを感じることもあります。 突き抜ける発想やフルコンタクトのコミュニケーション、失敗を恐れない勇気、時には法を逸脱しても法を変えさせてでも信念を貫こうという底力みたいなもの を若者はもっと持ってほしいなと常々思っておりまして、 私も大学で講義など時々する際にはなるべく強い表現や言葉を用いようと心掛けていることもあって、ちょっと懸念した次第です。
281Picks
都市部の農地、最低7割は存続 税優遇が延長、地価下落を回避
共同通信
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
東京都においては8割以上が都市農地(市街化区域内の農地)を少なくとも10年は継続して農地として使うことを判断しましたが 関係者の間では予想以上に少ない割合だったという印象を持つ方も多いです。 たとえ特定生産緑地制度の載ったとしても、地権者の死去、相続などの際には問題なく売却可能になるので むしろ2割がこの税の優遇制度に乗らなかった原因については検証の必要があるかと思います。 考えられるのが、固定資産税の支払いよりも資産管理や相続対策を優先させて 相続発生時より早い段階で計画的に土地の再編成を行うという事例。 都市農地の中には植木農家のように極端に離れた場所に農地を所有している例もしばしばあるので、そういう場所は売れる時に売ってしまった方がいいかもしれないので。 ちなみに私が関わる団体でも、特定生産緑地制度に乗らなかった農地を援農という形で利用させていただく予定です。 いずれにせよ都市農業、都市農地をいうのは農業経営的にも資産管理的にもかなり不思議な案件で。 でもうまく活用することで都市環境をより改善できると思うので、これからも都市農地活用の観点でがっつり関わっていこうと思います。
34Picks
NORMAL